トップページ | 2005年2月 »

2005年1月の11件の記事

2005.01.31

お金をかかけない防犯対策

ここ数年泥棒も増え、物騒な世の中になってきてますよね。今日は、お金をかけない防犯対策についてお話したいと思います。

kuresento左の写真を見てください。これは私の部屋の引き違い窓のクレセント(カギ)です。皆さんのお宅にもの引き違い窓にも、デザインは違うかと思いますが必ずついているかと思います。ほとんどのクレセントには、写真の指先の「補助ロック」がついています。しかし、残念ながら多くの人が、この補助ロックを活用していないが現状です。泥棒が侵入するとき、ガラスを割って入ることが今一番多いのですが、泥棒のガラスの破壊の仕方によっては、この補助ロックは泥棒の侵入するまでの時間稼ぎ(わずかながらですが・・・)になります。泥棒は、時間をかけたらそれでけ発見されるリスクを負わなければいけないのですから、嫌がるはずです。これを読んだ方は、今日からクレセントの補助ロックを確実に締めることをオススメします。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.01.29

スペーシア守ESの総合評価は?

良いところ、悪いところ、それぞれ隠すことなく書かせてもらいました。では、本日は、このガラスの総合評価といきましょう。

①メーカーは、カタログで「パーフェクトガラス」とうたっています。機能的には確かにパーフェクトだと思います。今大変気になる「防犯性能」と「断熱性能」両方持ち合わせているわけですから。

②高機能な性能を手に入れる変わりに、「重い」、「網戸を作りかえる」といった代償が発生します。私の部屋は腰高窓でしたが、大型の掃き出し窓でしたら、相当な重さになるかと思います。はっきり言って、お年寄りが開け閉めするには向きません。こういう事が気にならない環境、もしくはそれよりも①の機能が手に入るほうが満足といった場合なら、このガラスは本当にすばらしいということになるでしょう。


banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.01.28

スペーシア守ESの悪いところ②

adaperスペーシア守ESは、厚みが10.7ミリあります。これに対して通常の住宅用のアルミサッシは、ガラスの入る溝が9ミリのため、ガラスのほうが厚くなってしまいます。そのため、アダプターを使用して施工するのですが、今回、このアダプターで問題が発生しました。引違いサッシの障子(可動する部分)よりもアダプターが出っ張ってしまうため、障子の外側にある可動網戸にあたってしまったのです。比較的新しいアルミサッシだと、こういう不具合は少ないのですが、私の家のように築20年超の家についているサッシだと、こういう可能性が出てきます。

網戸は別のものを作り直せばよいのですが、採用するかどうか検討するときには、アルミサッシの障子の厚みをよくチェックする必要がありそうです。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.01.27

スペーシア守ESの悪いところ①

高機能なスペーシア守ESですが、良いことばっかりではありません。
メーカーさんもびっくり、ネット上で公開されてほしくない「悪いところ」について書きたいと思います。

mamorudanmen左の写真は、スペーシア守ESの断面です。写真では少々わかりにくいと思いますが、3枚のガラスが貼り合せてあるので、かなりの厚さがあります。総厚みで10.7ミリあります。私の部屋の窓のガラスの大きさは幅約80センチ、高さ約90センチで、この大きさだとガラスの重さが約15キロになります。通常のガラスだと約5キロなので、3倍の重量になります。そう、かなり重いんです。ですから、交換後、開け閉めしようとすると、ずしりと重いのが実感できます。古いアルミサッシに取り付けするときには、ガラスの交換と共に、戸車の交換も行って、なるべくスムースに動くようにしたほうが良いと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.01.26

スペーシア守ESの良いところ③

今朝は雪は降らなかったですが、大変寒い朝でしたね。

mamoruirimado20050126今朝7時の私の自宅の窓の写真です。やはり結露はありませんでした。スペーシアの断熱性能がいかんなく発揮されているのがよくわかります。皆さんのお宅の窓ガラス、今朝結露していませんでしたか?


banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

スペーシア守ESの良いところ②

今夜は冷え込みます。天気予報によれば、なにやら雪の降る可能性があるとのこと。深夜は相当寒くなるに違いありません。我が家は、鉄筋コンクリート製のため、冬は深々と冷え込みます。そんな中、私の部屋の暖房機器はというと、

sutobu写真のとおり、ずばり古典的な電気ストーブであります。部屋の中にエアコンもありますが、暖かく感じるのは、やっぱりストーブです。スペーシア守ESを施工して初めての冬を迎えていますが、昨年までストーブとエアコンを併用していたのに対し、今年はストーブだけ使用しています。これで十分に暖かい!これも、スペーシアESの断熱性能が少しは働いているのかもしれませんね。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.01.25

アクセスカウンター設置

アクセスカウンターを設置してみました。日々のカウンターの数字の進捗が多くなるように、内容を充実させたいと思っています!


banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

スペーシア守ESの良いところ①

mamoruirimado私の部屋の今朝(6時50分頃)の窓の写真です。写真ではわかりにくいのですが、取替え前は結露していた窓ガラスが結露していません。手を触れてみるとわかるのですが、従来はガラスが冷えきって冷たかったのに対し、その冷たさが軽減されているのが体感できます。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.01.24

パーフェクトガラス・スペーシア守

mamoru写真のガラスを、見て下さい。これが私の自宅の部屋に取り付けたガラスです。スペーシア守ESというガラスです。写真はもちろんサンプルです(笑)。このガラスは、真空ガラススペーシアに、1.2ミリのポリカボネート板と2.5ミリの透明ガラスを更にはりあわせたガラスで、断熱性はペアガラスの2倍、防犯性能にも大変優れています。また、STとESと2つのグレードがあり、ESは遮熱性能、UVカット機能も持ち合わせています。こういうと夢のようなガラスですが、本当にパーフェクトなんでしょうか?次回は、取り付けてみて良い点、悪い点について書きたいと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (1)

2005.01.23

結露した窓枠

ketsuroshitamadowaku写真を見てください。これは私の自宅の部屋の引き違い窓の窓枠です。木製ですが、変色しているのがわかると思います。冬場になると、毎朝窓(ガラス)に水滴がびっしりついていませんか?その水滴(結露)のせいで、このように窓枠が変色してしまったのです。この不快な結露を大幅に軽減する商品を取り付けて見ました。次回はその商品の紹介をしたいと思います。


banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.01.21

ブログ開設

㈱三浦屋のブログを開設しました。
やっとの思いで手に入れたマイホームなのに、しばらく住んでみるとあっちこっちに不満が出てきませんか?
ガラス・アルミサッシをはじめ、各種住宅用の商品を取り扱っている当社のオーナーである私が、自宅を実験台にしながら様々な商品を試して、その感想などをここのページに書き込みしたいと思います。
自分の会社の取扱商品だからといって、良いことだけ書くわけではありません!
ダメならダメと書くつもりであります。

気になる商品とかがありましたら、こちらへアクセスくださいね。
それでは始まります!

| | トラックバック (0)

トップページ | 2005年2月 »