« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

2005年2月の23件の記事

2005.02.28

スペーシア守の裏話

ここのところ、ずっとキッチンのネタに終始してきたので、今日はちょっと別のネタで話したいと思います。先週、うちの会社のメイン仕入先である、日本板硝子の社員と会って話す機会がありました。日本板硝子の社員の方と会って話す機会はそうう多くはないもので、色々面白い話、最新の話を聞き出すチャンスであります。話の中で、ここのブログで紹介した、防犯合わせ真空ガラス「スペーシア守」の話題になりました。現在、メーカーさんは、2点のクレームのについて悩んでいるとのことです。その内容とは、

①一般のお客様から「取替え後ガラスが白く曇ってみえる」と連絡が入る
これに関しては、商品上の特性であり、クレームではないのですが、販売業者の説明が不足しているせいか、メーカーに直接クレームの電話が入ってしまうそうです。防犯性能を出すためにガラスとガラスの間にサンドイッチしている「ポリカボネート樹脂」が光の当たり具合によっては白く見えてしまうので、これは欠陥ではないんですよね。うちの会社でも多数販売していますが、再度「白く濁って見えることがある」と説明を徹底させたいと思いました。

②ガラス自体が反っている
スペーシア守は、3枚のガラスと1枚のポリカボネート樹脂を貼り合わせているので、計4枚の板を使っている事になります。4枚の板を貼り合わせるわけですから、製造工程上「反り」の不具合が若干ではありますが、まれに出てしまうようです。確かにうちの会社でも去年の12月(年末押し迫った時期!!)に1枚ありました。これはなかなか微妙な問題で、施工当日に発覚するのがほとんどです。というのも、ガラスが取り付けられるサッシのガラス用溝幅は9ミリ~14ミリ。スペーシア守自体の厚さは10.7ミリ。製品性能上問題のない「反り」でも、取り付けるサッシのガラス溝幅により、うまく施工できたりできなかったりするということです。

①については、我々販売業者の問題です。これに対して、②はメーカーさんの問題と言えます。販売会社、メーカーそれぞれ努力して、クレームは減らさないといけないと思いました。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.24

キッチンの引き出しの使い勝手

hikidashi明日(25日)は終日会議ですので、前日のうちに更新です。システムキッチンの引き出しについて話したいと思います。私が購入したシステムキッチン「フォルテージ」には、引き出しがついています。しかし、標準では写真の「引き出しトレー」がついていなく、イマイチ収納しにくいのが現状です。そんなわけで、オプションの「引き出しトレー」を追加購入しました。写真の通り、ジャストフィットですっきり収納できます。まあでも、これくらいの部品は標準装備にしてもらいたいものだと思った次第であります。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

電子コンベックレンジを使ってみる④

電子レンジを使ってみました。強・弱2種類の出力調整ができます。強は500Wで、弱は200W。施工前プランニングする時点で、ビルトインタイプにするか、据え置き式にする悩んだのですが、使ってみるとやはりビルトインタイプはかがんで出し入れしなくてはならなく、やや不便に感じました。しかし、据え置きタイプの置く場所が確保できなければ、仕方ありません。省スペースと使い勝手のバランスが大切ですね。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.23

電子コンベックレンジを使ってみる③

konro2ガスコンロ上部の写真です。3口コンロの右側のコンロは、温度感知タイプになっております。これにて、てんぷら等料理する時に火災等を防ぐのでしょうね。また、コンロ表面がフッ素加工がされていて、汚れがつきにくいようです。これは使い始めだと効果がわからないので、ある程度使ってみてから評価したいところです。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (1)

2005.02.22

電子コンベックレンジを使ってみる②

konroまずは、ガスコンロを使ってみた感想です。写真の丸いスイッチを押すことにより着火します。リフォーム前のコンロは、ツマミを回して着火していたのに対し、押して着火するのは楽であります。これも時代の流れを感じます。こういうのをユニバーサルデザインというのでしょうか?(おおげさ?!)そして注目なのは、指先のロックレバーです。これをセットしていおくと、丸いボタンを押しても着火しません。小さいお子さん、またはお年寄りに対する配慮かと思いますが、色々考えられているものですね。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.21

電子コンベックレンジを使ってみる

renji久々の更新になってしまいました。今日は電子コンベックレンジについて書いてみたいと思います。写真で見てわかる通り、シルバー色です。昔はブラック一辺倒であったのが、今はシルバーが流行のようです。時代の流れを感じます。まず現物に触る前に、前回の反省を踏まえてというか、説明書を読んでみました。やっぱり大事な事が書いてあります。製造過程で付着した油分を除去するために、使用する前にコンベックレンジを空焼きする必要があるそうです。所用時間は20分。空焼きしてみると、最中は焦げたニオイがします。「これが製造中に付着した油分か~」と考えながら換気扇のスイッチを押します。空焼きは無事終了し、使える状態になりました。
明日こそは!?、使い勝手について書きたいと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.17

アルカリイオン清水器の次は…

アルカリイオン清水器の次は~っといきたいところですが、本日より土曜日まで出張であります(哀)。
土曜日帰宅後か日曜日に更新したいと思います!

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.16

アルカリイオン清水器を使ってみる

arukariionまずはアルカリイオン清水器の紹介です。リフォーム前は後付のTOTO製アルカリイオン清水器を使用しておりました。TOTO製のものは、蛇口の先につけるタイプ。後日紹介しますが、新しくつけたキッチンの水栓金具は、シャワー水栓のため、このTOTO製のものがつきません。というわけで、泣く泣く新しいものを買ったわけであります。まずは、お水を飲んでみました。アルカリ水、浄水、酸性水。酸性水をゴクゴク飲み干し、「アルカリ水と味の違いがわからないなー」と、更にゴクリゴクリ。操作の仕方がイマイチわからず説明書を読んでビックリ!酸性水は、飲料水としては適していない(洗顔用)なんですね!前のTOTO製の時にも説明書をあんまり読まないで使用していました。反省・・・・

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.15

キッチンリフォーム工事4日目

yokkame工事が始まって4日目です。キッチン取付に問題が発生しなければ、これで工事日程は完了です。で、取付工事ですが、写真のとおり無事に完了しました!自分で仕様等決めていたので、出来上がりはある程度想像していましたが、予想以上の出来栄えに大満足であります。
写真でその感動が伝わるでしょうか?

明日以降は、このシステムキッチンの細かい仕様、使い勝手について書きたいと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.14

キッチンリフォーム工事3日目②

mikkame2三日目の夕方には、システムキッチンの部材が搬入されました。梱包の大きさ、多さに圧倒されます。いよいよ明日は、システムキッチン取付工事であります!

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.13

キッチンリフォーム工事3日目

mikkame工事も3日目を迎えました。3日目は、床(クッションフロア)の張替えです。最初は貼り替えは考えていなかったのですが、建設会社の監督と打合せの際、「既存のキッチンと新設するキッチンの置く場所が違うため、一部クッションフロアを継ぎ接ぎで足さないといけません。一部追加で貼るのと全面貼りと、たいして値段が変わりませんから、全面新調したらどうでしょう?」と言われ、全面貼り変えることに・・・たいした金額ではないのですが、予期せぬ出費が発生しました(哀)。自分でプランニングして費用を考えていると、自分では見落としている費用ってけっこうあるものです。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.12

キッチンリフォーム工事2日目

hutsukameキッチンリフォーム工事2日目の様子です。壁面には、キッチンパネル、吊戸棚、レンジフードの取付のために、下地材が取付られているのがわかります。壁面下部のキッチン本体がつく場所には石膏ボード(写真だと黄緑色)が、壁面上部には吊戸棚・レンジフード・キッチンパネルを取付する時にビスが効くように、コンパネ(写真だとキツネ色)が貼られています。また、写真では少々わかりにくいのですが、キッチン本体が付く床面には、ガス、水道、電気の配管の手直しがなされています。今まで取り付けられていたキッチンと、新しく付くキッチンではこれらガス、水道、電気が使われる位置が異なってくるため、このような工事が必要になります。

hutsukame2
壁面には、新設するキッチンに必要な電源を、各場所に引き込んでいます。4箇所に配置していますが、詳しくは左記写真をクリックして確認してみてください。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.11

キッチンリフォーム工事1日目②

kankisen前にも紹介しましたが、最初の換気扇を取り外す前の状態です。

kankisenichinichime
換気扇が取り外されました。約30センチ角の正方形の開口ができ、その開口をステンレス板でふさいでいるようです。そして、アルミのジャバラ(丸い菅)が通っています。新しいキッチンは、このアルミジャバラを通して排気することになります。アルミジャバラは、新設するレンジフードに接続される予定です。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.10

キッチンリフォーム工事1日目

ichinichime初日は、既存のキッチンの解体撤去が行われました。帰宅して見てびっくりしたのですが、もう1日目でこれだけキレイサッパリ撤去が行われてしまうとは!

ichinichime2タイルをはがした後の画像です。痛々しいというか、なんというか・・・

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.09

キッチンリフォーム前日

zenjitsuシステムキッチンの工事は火曜日から金曜日までの4日間です。写真は工事にとりかかる前日の様子です。キッチンまわりに置いてあったもののほとんどを片付けました。使用していた冷蔵庫も20年使用していましたので、新調することにし、粗大ごみに出しました。ゴチャゴチャしていたキッチンまわりが、やけにすっきりと見えます。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.08

システムキッチンの打ち合わせ

kitchen2ショールームでおおよそのプランが決まったら、建設会社との打ち合わせです。換気扇とともに問題になったのが、水道、電気、ガスの配管スペースです。写真をみていただくとわかるのですが、現在ついているキッチンの後ろには、ステンレスのカバー(バックガード)がついています。これは、キッチン後ろにある、水道、電気、ガスの菅を隠すためについています。我が家は鉄筋コンクリートのため、これらの菅が壁の中に埋め込むことが出来ず、壁の前に配管されます。そのためにこのようなカバーが必要になるわけです。しかし最新のシステムキッチンは配管スペースがキッチン内にあるため、このようなバックガードが不要になりました。フォルテージは出幅が60センチのものと65センチのものがありますが、配管スペースを心配しなくて良いということで、今回は出幅65センチのものをチョイス。今までのキッチンの出幅はステンレスのカバー5センチ、キッチン60センチに対し、リフォーム後はキッチンの出幅だけで65センチ。使い勝手が大幅に向上しそうです!

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.07

ショールームでキッチン選び

katarogu現在のキッチンの寸法取りが終わったら、キッチンの仕様決めです。キッチンのプランニングをするのには、ショールームに行って見ながら決めるのが一番です。今回は、トステムショールーム東京にお世話になりました。基本はフォルテージで決めていましたが、一応クレディア、LSも見ることに。ショールームの常ですが、ついつい良いものに目がいってしまいます(笑)。結局フォルテージ、クレディア2種類プランニングしてもらい、価格を見ながら検討することになりました。そして1回で済ますはずが、3回ショールームに行くことに・・・皆さん、ショールームで商品を見るのは楽しいですよ!

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.06

リフォーム前のキッチンの換気扇

kankisen左の写真が、リフォーム前のキッチンの換気扇です。油汚れでギトギトです(汗)。今回のキッチンリフォームで注意しなくてはいけないのは、この換気扇の位置を変えられないということです。建物が木造の場合、比較的自由に変えられますが、私の家は鉄筋コンクリートで、換気扇の穴位置を変えるということは、鉄筋コンクリートに穴を開け直す作業が必要になり、これは大変な労力とお金がかかります。出来ないことはないのですが、実質的には出来ないと考えたほうが無難です。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.05

リフォーム前のキッチンの紹介

motonokitchen1これが我が家のもともとのキッチンです。家を建てた時から使っています。今では新築するときにはほとんどの家にシステムキッチンがついていますが、25年前ではシステムキッチンは超高級品でした。そんなわけで、流し台、調理台、ガス台がそれぞれ分かれているものを写真のように並べて使っていたのです。ガスコンロだけは、すでに一回壊れて取り替えています。

現在ついているキッチンのあらゆる各寸法を各寸法を測定し、新しいキッチンのプランを考えていきます。通常は、プランニングする前に一回建設会社に来てもらい上記寸法取りをするのですが、私はもともとトステムの水廻り商品の営業をやっていたため、この辺の要領はよくわかっているので自分で行いました。今回の測定の最大のポイントは換気扇の位置であります。その理由は明日書きたいと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.03

キッチンのリフォーム

築25年超の家をあれこれリフォームしているのですが、一番最新のリフォームは何をしたかと言うと、キッチンであります。
今回我が家で採用したのは、トステム製システムキッチン「フォルテージ」です。
トステム製のシステムキッチンは、「クレディア」、「フォルテージ」、「LS」と3グレードあります。
今回選んだフォルテージは、上級グレード並みの機能を持ちながら、仕様を限定することでローコストになっているようです。本当にコストパフォーマンスに優れているのか?リフォームに適しているのか?次回から書いてみたいと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

お金をかけない防犯対策③続き

tsumami昨日紹介したマモレックスですが、写真のように、サッシの枠と障子の間に置き、ツマミを右に回すことにより突っ張るようになり、障子が動かなくなります。ホームセンターとかで売っている100円程度の安いものは、このツマミが簡単に緩んでしまいます。それに対してマモレックスは、右にしまるのみで、左に回転しません。では、開錠するときはどうするかというと、

tsumami2フックをつまんでいるのがわかるでしょうか?このフックを引っ張ることにより、ツマミが左回転するようになります。よって、開錠するためには両手を使わないとできません。

整理すると、この補助カギの大変優れているところは、
①左に回らない構造のため、緩みにくい
②両手を使わないと開場できない⇒泥棒はガラスに大きな穴を開けないと、両手を差し込めない⇒大きな音がなる、時間がかかる

というわけです。
これだけの性能があるものが、800~900円くらいで出回っているんです。
安いと思いませんか?

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.02

お金をかけない防犯対策③

昨日は、取引先の業者さんと、改築の現場(川崎市内)に行ってきました。そこのお宅は、数日前に泥棒に入られたとのことです。今年も相変わらず泥棒の被害が多いようです。

mamorekkusu左の写真は、引違い窓用の補助鍵です。メーカーは、ガードロックと言うメーカーで、マモレックスという商品です。似たようなものは、ホームセンターで売っていて、安い物は100円前後であるようです。これに対してマモレックスは、オープン価格ですが、だいたい800~900円で出回っています。「お金をかけない(最小限にする)」という意味でのタイトルとは相反していますが、なぜそんなに値段が違うのか?その理由は明日書きたいと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.02.01

お金をかけない防犯対策②

夜、寝るときに、外灯を消していませんか?泥棒は「明かり」を嫌います。明るいところで作業をすれば、見つけられる可能性が高いわけです。玄関口、庭の外灯はつけたまま寝ることをお勧めします。

また、家の中の照明も、一箇所は消さないで寝ましょう。しかし、照明がついた部屋の内部が外から丸見えでは効果がありません。やや明かりが外にもれてくる程度がベストです。また、毎日違う部屋の明かりをつけてください。そうすることにより、「まだ誰かが起きているのでは?」と思わせることができます。

厳密に言えば、明かりをつけることは電気を使っているわけですから、電気代=お金がかかっているわけですけどね(笑)。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »