« 犯罪アナリスト「梅本正行」氏と久々面談 | トップページ | 防犯フィルムの長所・短所 »

2005.03.08

防犯ガラスセキュオSPの欠点

自宅に採用している防犯ガラスセキュオSPですが、欠点がないわけではありません。

欠点は、ズバリ通常のガラスと比べて、白く濁って見えるということです。
これは、ガラスとガラスの間に挟まっているポリカボネート板の影響であります。
本日天気が良いですが、こういう天気の良い日の掃き出し窓を見てみると、明らかに白く濁って見えるのです。
そういう物だと思って見れば気にならないですが、事前に知らされていないと、クレームにもなりかねません。
白く濁った状態が、よくわかる写真が撮れれば、またここで公開したいと思います。

あと、防犯ガラス全般に言える欠点ですが、交換工事の効果が最大に体感できるのは、泥棒に狙われた時だという事です。
泥棒に狙われて未遂でわかる有り難味。
こういう効果の体感は、出来ればしてもらいたくないものです。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

|

« 犯罪アナリスト「梅本正行」氏と久々面談 | トップページ | 防犯フィルムの長所・短所 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78158/3218492

この記事へのトラックバック一覧です: 防犯ガラスセキュオSPの欠点:

« 犯罪アナリスト「梅本正行」氏と久々面談 | トップページ | 防犯フィルムの長所・短所 »