« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »

2005年4月の25件の記事

2005.04.30

餃子のおいしいお店

毎日自宅リフォームのネタを書いていると、正直ネタもつきてきます(笑)。
そんなわけで、今後は私の住んでいる大田区の地元の話題についても書いてみたいと思います。

gyouzanooishiiomise環七通りの沢田交差点の近くに、清華という中華屋さんがあります。写真の通り、一見店構えだけ見るとごくごくありがちなお店に見えます。しかし、ここの餃子は大変オススメであります。何が良いかと言うと、ここの餃子は大きなニンニクのかたまりが入っているのです。餃子を口に入れて噛んでみると、明らかにニンニクのかたまりが入っている歯ごたえが感じられます。この餃子とビールの組み合わせは最高です。夜遅くまでやっているので、仕事帰りにぷらっと寄るのにも最適です。しかし、いかんせん駅からは遠いので、遠方の人が食べに行くのはちょっと大変かもしれませんね。

banner←人気ブログランキングに参加中♪
クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

サンプル品が届きました

建築資材の取扱店をやっていると、メーカーさんから時々サンプルが送られてきます。
今回は、ガードロックさんからサンプルが届きました。
うちの会社では、ガードロックさんの商品は、補助錠マモレックスを力を入れて販売しています。他の商品も力を入れて売ってほしいというのがメーカーさんの願いなのでしょう。私は、自分自身が気に入らないと、主力取扱商品にようと言う気にはなりません。
sanpuru今回、送られてきたのは、「キーハンガー&キーホルダーセット」と「かんたんロック」以上2点であります。キーハンガーは、家の鍵の管理を便利にする商品で、かんたんロックは、室内のカギ無しドアに簡単に取り付けられるカギです。さて、これらの商品は、うちの会社で売れるのか?!とりあえずは、自宅で使ってみて、その商品価値を見極めたいと思います。使ったことあるという方いたら、ご意見頂ければ幸いです。

banner人気ブログランキングに参加中クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.28

ゴールデンウィークは要注意!!

会社によっては、明日から待望のゴールデンウィークですね。
しかし、うちの会社の恒例行事になっているのが、ゴールデンウィーク明け朝一番の電話であります。

「ガラスを割られて泥棒に入られちゃった!!」

ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始の休み、この3つの休み明けには、この手の電話が必ずかかってきます。
泥棒に入られた家の人が決まって言うセリフがあります。

「我が家だけは大丈夫だと思っていた」
「うちはお金がないから泥棒は入らないと思っていた」
「うちはもう何十年もここに住んでいて泥棒被害にあったことがないから、大丈夫だと思っていた」

もうゴールデンウィークまで日がないですから、防犯商品での防犯対策を施すのはなかなか難しいと思います。
しかし、今からでも出来ることもあります。

①どこかに旅行等行くのであれば、近所の方にその旨伝えて、不審者等いたら警察に通報してもらうようにお願いする
②連休中留守するならば、新聞、郵便をとめてもらう
③夜になったら、ごく少量灯りが外に漏れるように電気を点けて出かける

これらはお金がかからず、すぐにでも実践できます。
私は残念ながらゴールデンウィーク中遠出はしませんが、長期お出かけする人は、是非とも実践してみてください。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.27

メーカーさんから聞いた話ですが

我が家に採用している防犯ガラスですが、メーカーの営業さんから聞いた話では、2月以降出荷が絶好調のようです。
約2年前に防犯ブームで一躍有名になった防犯ガラスですが、昨年夏ごろからそのブームも一段落し、出荷数量も伸びてはいるのですが、伸び率も少なくなってきていました。
そんな中、今年初めに、住友3M製の防犯フィルムがその性能を十分に発揮できない恐れがあるとの情報が公開されました。
この影響かどうかわかりませんが、再び防犯ガラスが注目されたのかもしれません。
こういうと、「防犯ガラスセキュオ」が優れているって言いたいんだろう~?」と言われそうです。
しかし、前もお話していますが、防犯ガラス、防犯フィルムは、予算、お客様のニーズ、適材適所、使い分ければよいと私は考えています。

「予算がないから防犯フィルムで・・・」との声を聞きますが、マンションならともかく、一戸建て住宅ではこれは大間違い!
防犯フィルムは、5ミリ以上のガラスに貼らないと十分効果が発揮されません!
一戸建てに使われているガラスの多くが3ミリもしくは4ミリです。

建築業者さんでも知らない人が多いですから、これを御覧になった方は、賢いお施主様になってくださいね。
今日のキーワードは、「適材適所」です。

banner←人気ブログランキングに参加中♪
クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.26

勝手口ドアの防犯対策③

2回連続で勝手口ドアリフォーム工事ネタでないことを書いてしまったので、本日からは元に戻って勝手口ドアについて書きたいと思います。

samutannashibouhangarasu写真は、室内側のカギ(サムターン)のアップです。以前紹介したとおり、室内側のサムターンは取り外しできるようになっており、写真は取り外した状態です。これなら万が一上げ下げ窓から手もしくは工具を入れられても開錠できません。あともう一点注意しなければならないことがあります。勝手口ドアにかぎった事ではないのですが、勝手口ドア、玄関ドアの本体の横(袖)にガラスが入っている場合があります。この写真もまさにそのケースで、袖にガラスが入っています。よく素人の方がやるのですが、カギを防犯性に優れたものに変えても、ガラスには何もしないというケースです。いくら高級なカギをつけても、ガラス破壊で簡単に開錠できてしまいます。泥棒は、楽な方法を見つけて侵入してきますよ!我が家の場合は、勝手口ドア本体、袖ともに、防犯ガラスセキュオSPを入れています。

防犯対策は、何か一つ行っても十分に効果を発揮しない場合があります。
泥棒の目線で考えれば、対策は見えてくるはずです。

banner人気ブログランキングに参加中クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.25

アパート借主の心理・泥棒の心理

近所のアパートの話しで少々書き足りないことがあったので、ちょいと付け加えます。
紹介した自宅の近所のアパートですが、結論的には泥棒が入る可能性は低いと思います。
「土曜日の記事では窓シャッターをつけたほうが良いって書いてあるじゃない?!」という声が聞こえてきそうです。
確かに書きましたが、私が上記のように言う根拠は以下の通りです。

アパートの1階の(掃き出し)引き違い窓は、道路に面していて、一応フェンスはありますが、通行人から良く見えます。
泥棒は人目にさらされるのを嫌いますから、ここの窓からの侵入は基本的にしないはずです。近所の人に顔を覚えられたくないですし、また、見つけられないで侵入して仕事をして逃げたいと思っていますから。
ですから、ここの窓から侵入する可能性が低いと言えるわけです。

しかし、こういう泥棒の心理を知らない若い女性は、この物件を見てどう思うでしょうか?
「おしゃれだけど、泥棒に狙われないかどうか心配だわ・・・」となってしまいます。
大家さんが可能性が、泥棒がここから入る可能性は低いと言うことを説明しきれればよいのですが、なかなか難しいでしょう。
であれば、窓シャッターを最初からつけてしまえば説明も不要なわけです。
また女性の心理として、
①ストーカー被害に遭いたくない
②プライバシーを重視したい
というのがあるかと思います。
いずれにしても、窓シャッターは有効なのです。

建設会社さん、大家さんは、このへんの事を十分に検討したうえで、アパートを建設してもらいたいものです。

banner←人気ブログランキングに参加中♪
クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.23

近所のアパートの話

ここのところ、自宅の勝手口ドアのリフォームの話をしてきましたが、今日はまったく違うネタで話したいと思います。
今日の話題は、私の自宅の近所に最近建ったアパートの話です。
このアパート、大変デザイン性に優れた建物です。
最近マンションでも、有名デザイナーがプロデュースしているケースが多々見受けられます。
ここのアパートを設計された方は、デザイン関係の知識が豊富なんでしょう。
もしくは、デザイナー、コーディネーターさんが関わっているんだと思います。
従来、賃貸アパート・マンションというと、大家さんが複数の人に一定の居住空間を貸すという機能を重視して建築されていましたから、こういう建物は新鮮です。
しかし、ガラス、サッシを取り扱っている会社で働く私には、気になる点が一つあります。
1階の部屋2つに「雨戸」「シャッター」いずれもついていない大きな引き違い窓が2つあるんです。
仕事上、大家さん、借りる人両方の立場の人と話す機会があります。
大家さんの多くは、「なるべく空き室をつくりたくない」と言います。
それに対して借りる立場の人、特に若い女性は、「安心して住めるところに住みたい」と言います。
ここ数年、世の中には物騒な話題が盛りだくさんですから、1人暮らしをする女性にとっては、当然のことですよね。
私がこの建物の建築に関わったとするならば、1階の大きな引き違い窓には、間違いなく「窓シャッター」もしくは「雨戸」をオススメします。
これらがあれば、夜、女性が安心して眠れる&住めると思います。
最近は窓シャッターも安くなり、大家さんの建築費用の負担もたいした金額ではありません。
また、大家さんにとっては、1階まわりの空き室が少なくなるという大きなメリットが生まれます。
大家さん、借りる人両方に優しい建物になるかと思います。
建築に関わる人は、デザイン性も大事ですが、お客様に優しい家作りをしてほしいと思った次第であります。

hikichigai

←アパートの1階には、こういうシャッター付窓がオススメ

banner人気ブログランキングに参加中クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.22

勝手口ドアの防犯対策②

今日は天気は良いですが、風が強くで肌寒いですね。こういう日は体調を崩しやすいので、要注意であります。

sagesagemadoaitemasuここのところ紹介している採風勝手口ドアですが、写真のように上げ下げ窓を開けて通風して使います。外側についているパンチングパネルが、泥棒の手の侵入を防いでくれています。もちろんよく出回っている横格子、井桁格子のタイプも手は入らないのですが、格子を外したり、壊したりして泥棒は侵入してきます。これらの格子を壊すのに、あまり時間がかからないのが現状なのです。

igetakoushi←井桁格子

yokokoushi←横格子

odekakesamuta-nパンチングで手の侵入を防いでくれますが、万が一破られた時にも、対策を施しました。写真のように、室内側のカギをツマミを外せるようになっています。購入当初の名称は、「お出かけサムターン」、現在の商品名は「セキュリティーサムターン」となっています。ツマミがなければ、手を入れられてもカギを回して開錠できませんよんね。また、現在では当たり前ですが、1ドア2ロック仕様となっています。取替え前は、もちろん1ロック仕様でした。カギが2つあることにより、泥棒がカギを開けるのに、2倍の時間と手間がかかるようになっています。時間をかけさせるのは、防犯の4原則の1つです。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.21

勝手口ドアの防犯対策①

それでは、人気の採風タイプの勝手口ドアに、防犯対策を施してみましょう。

panchingumetaruまずは、室外側の格子の選択です。通常、この手の採風ドアの場合、横格子か井桁格子が使われることが多いかと思います。低コストでよいのですが、これでは泥棒が手を入れやすいという欠点があります。写真のパンチング仕様は、やや高価ですが、目が細かいためにこういった心配が軽減されます。リフォームに限らず、防犯対策に敏感な方で、採風勝手口ドアを使いたい場合は、このパンチング仕様がオススメです。

banner←人気ブログランキングに参加中♪
クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.20

予備知識⇒採風勝手口(上げ下げ)ドアとは?

agesagesaihuudoa
現在、家を新築する時に使われている勝手口ドアの多くは、写真のような採風勝手口(上げ下げ)ドアです。ドアの中央部に上げ下げ窓がついていて、この窓を開けることにより、ドアは閉めたままでも風を取り入れることができるのです。しかし、この手のドアの初期型が泥棒に狙われてきました。なぜなら、各サッシメーカー初期型のドアは1ロックであり、
①ガラスを破壊したら簡単に室内側のサムターンが回せてしまう
②上げ下げ窓が開いている状態だと、泥棒が外から開錠しやすい
と言うことです。私も、このタイプのドアから泥棒に入られた現場を多数見てきました。
そんなことを踏まえて、自宅の勝手口の仕様を決めていったのです。

banner←人気ブログランキングに参加中♪
クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.19

リフォーム前の勝手口ドア

会社で、古いカタログの中から自宅に使われていた勝手口ドアの写真を見つけましたので、その写真を今日は載せたいと思います。

katteguchikatarogu写真では、ドアの両側に袖がついていますが、自宅は片側のみであります。また、写真では欄間がついていますが、自宅のドアは欄間なしタイプです。もともとは写真のように、ドア本体が明かり、風と通さないタイプでした。これを改善したいのが、今回のリフォームのポイントであります。最近の新築の家のドアのほとんどには、風を通す、いわゆる「採風勝手口ドア」が使われています。

banner←人気ブログランキングに参加中♪
クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.17

勝手口ドアの交換リフォーム工事

今日から紹介するのは、3年前に行なった自宅の勝手口ドアの交換リフォーム工事であります。
アルミサッシ、ドアが普及しておおよそ30年の時が経っています。初期の頃の商品だと、そろそろ傷みも激しくなってくる時期かと思われます。仕事をしていても、取引先からドア交換の仕事を頂くことが増えているのが現状です。

katteguchidoor1今回は、いきなりリフォーム後の写真を紹介してしまいます。というのも、リフォームしたのが約3年前で、リフォーム前の写真が残っていないんです(哀)。この勝手口ドアの交換リフォーム工事を行なうにおいてのコンセプトは、2つありました。

①明かり、風を取り入れたい
②防犯性に優れたものに交換したい

自分で言うのもなんですが、これらの要望を高レベルで実現できたと思っています。その内容については、明日以降に書きたいと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪
クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.16

人気ブログランキングに登録しました

調子にのって、人気ブログランキングに登録してみました。どこまで上位に食い込めるかわかりませんが、今後とも面白い自宅リフォームネタを掲載してがんばりたいと思います。皆さん下記バナーのクリックをお願いします!

banner


| | トラックバック (0)

2005.04.14

センサーライトの選び方

昨日センサーライトの取付方法についてお話しましたが、今日は色々種類があって、どのように選んだら良いかお話したいと思います。

①取り付けしたい場所からコンセントまでの距離を確認する
取り付けしたい場所をまず決め、そこからコンセントまでの電源コードの必要な長さを確認します。
お店には、様々な値段のものが並んでいるかと思いますが、その要因として電源コードの長さがあるんです。
これを確認しないで買ってしまうと、コードが足らず、別途コードを購入しなければならないとか無駄が生じてしまいます。
コードの距離ですが、取付したい位置からコンセントまでの直線距離でなく、コードを這わせていく距離を測る必要があります。

②一番安いものは避ける
昔に比べると、最近は価格がどんどん安くなり、2000円以下のものが多数見受けられます。
しかし、こういう超破格品の中には、誤作動するものもあります。
他の部屋で電気をつけると何故か反応してしまうという話も聞いたことがあります。
最高級品を買ったほうが良いとは言いませんが、ある程度3000円~4000円代のものを購入したほうが安全です。
最高級品だと、無駄にスイッチ機能だとか、音楽がなったりします。
まあこういう機能はいらないと思うのですが、各メーカーさんも、他社と差別化をはかるためにこういう付加価値をつけてたりします。

これらのことに注意して、良い買い物をしていただきたいと思います。
尚、うちの会社でも取り扱ってはいますが、昨日紹介した電気屋さん、ホームセンターで買うほうが良いかと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!


| | トラックバック (0)

2005.04.13

間違いだらけのセンサーライト取付

人が近づくと「ピカ!」と光るセンサーライト。ここ数年の防犯ブームのおかげか、(大型量販店の)電気屋さん、ホームセンター等で手軽に購入できるようになりました。しかし、購入後が問題。とあるホームセンターの店員さんに聞いたのですが、購入した人の7割近くが取り付けできないそうです。もったいない話ですね。しかし、残りの3割は取り付けられているわけで、街中を歩いているとセンサーライトを取り付けたお宅も見かけるようになりました。今日はその取付方法について話したいと思います。

センサーライトに期待する「機能」によって、その取り付け方は変わってきます。上記のように「防犯」目的の人もいれば、「玄関周辺の夜間の灯り代わり」を目的とする場合があると思います。
夜、帰宅した時に玄関に近づいたら自動的に灯りがつけば、玄関ドアのカギを準備しやすいですし、便利ですよね。
この場合の取付(場所&方法)については、あまり細かい事を気にする必要はありません。灯りのほしい位置につけてあげればOKです。

sensaalightこれが防犯目的だと異なってきます。灯りによる「威嚇」が目的なわけですから、泥棒が手に届く高さに取り付けたのでは、泥棒は壊してしまいます。また、センサーライトの電源のコードが手に届くところにある露出配線でも、まったく意味がありません。灯りがついたら、泥棒はコンセントのコードを抜いてしまうでしょう。ちょっと考えればわかることなのですが、言われないと意外と気がつきません。これらの取付の仕方が自分でできるのなら、(大型量販店の)電気屋さんやホームセンターでの購入して、自分で取り付けしてもよいかと思いますが、できないのであれば、近所の電気屋さんに取り付けを依頼したほうが良いかと思います。この際電気屋さんに、きちんと取付の仕方、位置を指定しましょう。「露出配線にしないでください。手の届かないところにつけてください」と。まだまだ防犯のノウハウが業者さんに浸透していません。せっかくお金を出して買うわけですから、自分のちょっとした工夫で費用に見合う効果を期待しようではありませんか!


banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.12

地元大田区のために

bouhan1今回はちょいとボランティア活動のお話です。先週、地元の防犯協会&警察署の依頼で、防犯教室の講師を務めてきました。うちの会社の地元である大田区にて、犯罪が減ることを願ってのボランティア活動であります。写真は、防犯教室が行なわれた大田区内の自治会館です。

bouhan2今回の講習会の参加者は、マンション&アパートの管理者の皆さんです。一般戸建住宅の防犯対策も大事ですが、こういった集合住宅の場合、オーナーさんの意識レベルが問題になってくるわけです。アパート、マンションを借りている人が防犯対策をしたくても、オーナーさんの理解がなければできませんからね。当日は、網入りガラスと防犯ガラスの破壊実験を行ないました。残念ながら、私が出演している写真は、ありません(泣)。デジカメは用意していったのですが、撮影を依頼するのをうっかり忘れて講演にはいってしまいました。残念!!

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.10

鉄板を使わないバーベキュー

今週末は桜満開お花見には最高の環境です。てわなけで、一昨日金曜日に仕事終了後、会社の駐車場でお花見を行ないました。会社の敷地内ということで、バーベキューコンロも用意し、ちょこっと(かなり?!)豪華です。

BBQ1照明が暗い&携帯のカメラで撮影したので鮮明に写っていないのが残念ですが、バーベキュー風景であります。この画像だとあまりよくわからないと思いますが、ただのバーベキューではありません!ガラス屋流バーベキューとは・・・・


BBQ2ガラスの上で焼きそばを作っています!こーんなバーベキューをしている人はまずいないでしょう。もちろん、普通のガラスではこんなことはできません。耐熱ガラスを使用しています。しかも最高級グレードのものを。よく焼き鳥屋さん、焼肉屋さん、ステーキ屋さんとかで、調理しているスペースが見えるお店ってあいますよね?あの調理スペースの周辺に使われているのが、この耐熱ガラスです。高熱にも十分に耐えられる性能を持ち合わせているんです。当日は、社員だけでしたが、お子さんとかが見たら大変喜ぶでしょう。また、ハイソな暮らしをしている皆々様にもウケが良いのではないでしょうか(笑)。

※普通のガラスを使って真似をするのは危険ですから、絶対にしないでくださいね。


banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.08

間違えた施工の結果・・・

防犯フィルムを3ミリのガラスに施工してしまった結果、残念ながら、防犯効果はあまり期待できないことになってしまいました。
では、この私の自宅の防犯フィルムはまったく役立たずでしょうか?
実はそうでもないんです。
防犯フィルムというのは、簡単に言うと飛散防止フィルムの厚さを増したものなんです。
ですから、飛散防止効果が期待できます。
ガラスって、割れると破片がとがっていて大変危険ですよね。
ガラスが割れた時、フィルムが貼ってあったら、こうした危険を軽減することができます。
ですからフィルムを貼ることにより、安全ガラスになるわけです。
また、フィルムの特性として、紫外線を99%カットするという特性があります。
女性にとってはお肌にやさしくなりますし、また、カーテン、家具の日焼けの軽減にもなります。
ですから、今回の防犯フィルムの施工は防犯効果についてはあまり期待できませんが、こうした快適な暮らしに貢献してくれています。
この窓周辺についての防犯対策については、また他の事を考えようかと思います。


banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

防犯フィルムの間違った施工

今回は、防犯フィルムの間違えた施工事例の紹介です。

filmsekouzumi私自身、ガラス屋なのに、こーんな工事をしてしまったことは恥ずかしいです。まあ施工現場が自宅だから、自業自得です(哀)。写真の窓には、防犯フィルムを施工しております。しかし、防犯フィルムの性能を発揮するためには、ガラスが5ミリ以上の厚さがないと十分に性能を発揮しません。それに対して、この写真の我が家の窓のガラスは3ミリのガラスなのです!なわけで、性能が十分に発揮されない恐れがあります!しかし、一般住宅の窓ガラスのほとんどが、3ミリ~4ミリというのが現実です。5ミリ以上のガラスが入っているのは、マンション(一部例外あり)、戸建住宅の掃きだし窓(一部例外あり)といったところです。網入りガラスであれば、6.8ミリ以上なので、厚さはクリアしていると言えます。防犯フィルムは防犯ガラスに比べてコストが安いから良いと思いがちですが、施工するガラスの厚さによって性能が全然違ってきます。そういったことを説明してくれるフィルム業者であればよいのですが、説明してくれない業者さんも多々あるかと思います。5ミリ以上のガラスに使わないといけないという事を知らない業者もいるかもしれません。怖い怖い!


banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.06

予期せぬ事態発生?!

自宅に戻ったら、あらびっくり!!
予期せぬ事態が発生おりました。大変驚きました。何かと言うと・・・

さんざん引っ張ったその内容は・・・

benki








1階のトイレのウォーシュレットが新しくなっていました!我が家は2階建てなのですが、1、2階にトイレがあります。
ウォーシュレットは、10年以上までにつけていたのですが、私自身使っていませんでした。
排泄したら(汚い話でごめんなさい)、トイレットペーパーで拭くのが子供の頃から習慣になっていて、水(お湯?)で洗い流すというのがどうしても馴染めません。
痔に悩んでいる人には良いと聞きますが、私はお陰様で痔持ちではありません。
なわけで、ウォーシュレットが壊れていたのに気がつきませんでした。
お袋に聞いたところ、近所のダイシン百貨店で購入したとのこと。
ここ数年、地元の百貨店であったダイシンまでもがこうしたリフォーム事業に取り組んでいます。
リフォームは、これからの市場であるので、当然かもしれませんね。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!
★トステム製キッチン&バスルームの最新(&裏)情報希望の方はこちらへ★

| | トラックバック (0)

2005.04.05

床暖房リフォーム総括

今朝は真っ青な快晴です。明るく元気に仕事が出来そうです♪

suicchiさて、今日にて我が家の床暖房リフォームについてのネタは終わりにしたいと思います。昨日は仕上がり具合について書かせてもらいましたが、今日は使ってみての感想を書きたいと思います。写真は、操作スイッチです。見た目の通り、大変シンプルです。ボタン一つでON、OFFを切り替えします。ONにすると、けっこう早く床がポカポカしてきます。温まるまで時間がかかるかなあと思っていましたが、意外や意外、温まるまでの時間は早い早い!

hiraitasuicchi操作スイッチを開いてみました。普段は開くことはなさそうです。説明書を読んでいないのですが、タイマー設定ができそうです。もう春になってしまったので、これからの季節に使うことはないかと思いますので、今年の11月以降にタイマーセットを使用してみようかと思います。

さて、床暖房リフォームの総括ですが、仕上がり具合、使用満足度、コストパフォーマンスを考えると、90点といったところでしょうか。皆さんいくらかかったか気になるところかと思いますが、ダイニング6畳、リビング10畳で約180万円かかりました。製品に対する満足度は高いのですが、価格がもう少しリーズナブルになればもっともっと普及するなあと思います。あ、因みに我が家はRC(鉄筋コンクリート)構造のため、設備設置に通常の木造住宅以上のコストがかかった事を参考までに付け加えておきます。
今回は地元のゼネコンであり、25年前に我が家を新築していただいた株式会社アゼルさんにお願いしました。監督の小野口さん、職人さんには本当に良くやっていただいて感謝しております!

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!
★トステム製キッチン&バスルームの最新(&裏)情報希望の方はこちらへ★

| | トラックバック (0)

2005.04.04

床暖房リフォーム仕上げ編

週明け月曜日、シトシトと雨が降っています。この時期雨が降ると、桜が散ってしまうのではないかと心配になります。

IMG_2616写真は、床暖房用の床材をはったあとの写真です。前に張ってあった床材とは雰囲気が違いますが、なかなかいい感じであります。「部屋も少々明るくなったのでは?」と思ったりします。因みに大工さんに聞いたところ、今までの(というか、新築した時に採用した)床のデザインは、もうどこのメーカーでもないようです。家を建ててから25年以上も経つと、住宅を作るのに使われている資材もどんどん変わってくるものです。

IMG_2613前に紹介した、据え置き型エアコンの問題ですが、写真のように、エアコンの下に新たに床材は張らず、新しい床剤との段差を解消する部材を取り付けています。これなら見た目も悪くなく、納得の仕上がりです!

早いもので、もう季節も4月。暖かくなりました。床暖房というと冬の季節に重宝するものですが、工事は冬に行なう必要はまったくありません。むしろ、工事中は色々な業者さんが来て家の中が寒くなりがちですから、暖かい時期に行なうのが良いかと思います。

今回使用した床暖房は、ノーリツ製のものです。自分の会社で取り扱っているメーカーではありませんが、こういう良い製品を作っているメーカーさんが、自分の会社の取り扱いメーカー以外にもあるんだなあと勉強になりました。床暖房は今流行りなので、色々なメーカーさんが出しているかと思いますが、各社良いところがあるかと思いますので、自分の家の状況を頭にいれつつ、ベストなメーカーを選択したらよいのではと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!
★トステム製キッチン&バスルームの最新(&裏)情報希望の方はこちらへ★

| | トラックバック (0)

2005.04.03

ガラスメーカーの値上げに思う

週末日曜日、いかがお過ごしでしょうか。本日は、連日お話している床暖房ネタではなく、建築用板硝子の値上げについて話したいと思います。つまらなかったらごめんなさい。明日からまたリフォームネタを書きます(笑)。

3月30日日経新聞に、「セントラル硝子値上げ」の記事がありました。これで、主要3社の値上げ発表が出揃いました。昨年秋に続く2度目の値上げです。
昨年は中国経済の拡大による品不足を主な理由としていて、今年は原材料の高騰化を値上げの理由としています。
しかし問題なのは、メーカーは値上げをしても、末端まで浸透しないということです。特に、超大型物件(超高層ビルetc)の施工を行うスーパーゼネコンの世界では、まったく値上げを受け入れてもらえていない模様です。それどころか、某超大手ゼネコンの幹部社員の話では、鉄鋼の値上げは呑むが、その分末端価格に転嫁できないから、他の下請け業者の価格を徹底的に叩くらしいです。
現在、超大型物件を施工しているガラス業者のほとんどが赤字に苦しんでいます。それなのに、ガラスの仕入れ原価は高騰し、仕事をもらっている超大手ゼネコンから更なる値引要求がされたらどうなるでしょう。
私は、このままいけば、ここ2~3年で大型ゼネコンを得意先にしているガラス工事業者の多くが廃業&倒産するだろうと予想します。
他の業界の人から「企業努力不足だ!」と言われそうですが、もう企業努力も限界にきているようです。赤字に悩むところに、海外の業者の参入で、更なる価格低下を迫られ、そして度重なる硝子の値上げ、そしてゼネコンの値下げ要求。。。

「廃業or倒産してからわかる、国内下請け業者の有り難味」

何年か後、こんな風に思う日が来るかもしれません。
うちの会社は、幸か不幸か、超大手ゼネコンとは取引していなく、地場の建設会社、小売店(硝子店)との取引がほとんどですから、話し合いによって乗り切れるかと思います。
しかし、業界全体のことを考えると、なんとかならないものかな~と思います。
硝子工事の値段を下げるためには、
①硝子製品自体の仕入れ値段を下げる
②人件費を下げる
これ以外、方法がないのが現状です。。。

もし、このブログを見た人の中で、ゼネコンに勤務の方いらしたら、私見で良いのでご意見聞かせていただきたいです。
なぜ末端価格に転嫁できないのか?ガソリンは値上がりしても、みんな受け入れるのに、何故ガラスの値上げは認めてもらえないのか?
その辺を聞いてみたいです。

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2005.04.02

わずか3.5ミリの床材!

週末いかがお過ごしでしょうか?
だいぶ気温も暖かくなってきましたね。
って、もう4月、春なんですよねー。

3.5miriさて、今回の床暖房リフォームで使われている床材ですが、なんと厚さわずか3.5ミリなんです!この写真がその床材の梱包のダンボールです。普通床材っていうと、厚さ12ミリ~15ミリですが、床暖房リフォーム専用でこんな床材も発売されているんですね。正直、知りませんでした。さすがは長い付き合いの建設会社さんです!

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!
★トステム製キッチン&バスルームの最新(&裏)情報希望の方はこちらへメール下さい★

| | トラックバック (0)

2005.04.01

床暖房リフォーム2日目(夕方)

床暖房リフォーム工事も2日目の夕方になりました。会社に戻る前に家に寄って見ると、大工さんが床暖房用の床材を張りはじめていました。

matsunagasan大工さんがテキパキテキパキ床材を張っていきます。この日は6時ギリギリまで工事をしてくれました。聞けば、この大工さんは25年前、我が家の工事をしてくれた大工さんとの事です。25年間にわたりお世話になっているとは驚きです。そんな素晴らしい大工さんを、インターネット上で紹介しちゃいましょう!

matsunagasan2こちらが我が家がもう25年お世話になっている、大工さんの「まつなが」さんです。もうかなりの高齢ですが、まだまだ元気ハツラツのスーパー大工さんです。聞けば、毎年海外旅行に出かけるというバイタリティー!そんな活発&アクティブな性格だから、人からも好かれて仕事も絶え間なくあるのでしょう。仕事が絶え間なくあるから知識も豊富。色々話しましたが、建築業界にいる私が話しても、本当に信頼できる大工さんです。下請けでいい加減な大工さんが増えている中、こうした大工さんは本当に貴重です。引退するまで我が家の面倒をみてもらいたいなと思っています。「まつなが」さん、これからもよろしくお願いしますよ~!

banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!
★トステム製キッチン&バスルームの最新(&裏)情報希望の方はこちらへ★

| | トラックバック (0)

« 2005年3月 | トップページ | 2005年5月 »