« アパート借主の心理・泥棒の心理 | トップページ | メーカーさんから聞いた話ですが »

2005.04.26

勝手口ドアの防犯対策③

2回連続で勝手口ドアリフォーム工事ネタでないことを書いてしまったので、本日からは元に戻って勝手口ドアについて書きたいと思います。

samutannashibouhangarasu写真は、室内側のカギ(サムターン)のアップです。以前紹介したとおり、室内側のサムターンは取り外しできるようになっており、写真は取り外した状態です。これなら万が一上げ下げ窓から手もしくは工具を入れられても開錠できません。あともう一点注意しなければならないことがあります。勝手口ドアにかぎった事ではないのですが、勝手口ドア、玄関ドアの本体の横(袖)にガラスが入っている場合があります。この写真もまさにそのケースで、袖にガラスが入っています。よく素人の方がやるのですが、カギを防犯性に優れたものに変えても、ガラスには何もしないというケースです。いくら高級なカギをつけても、ガラス破壊で簡単に開錠できてしまいます。泥棒は、楽な方法を見つけて侵入してきますよ!我が家の場合は、勝手口ドア本体、袖ともに、防犯ガラスセキュオSPを入れています。

防犯対策は、何か一つ行っても十分に効果を発揮しない場合があります。
泥棒の目線で考えれば、対策は見えてくるはずです。

banner人気ブログランキングに参加中クリックご協力お願いします!

|

« アパート借主の心理・泥棒の心理 | トップページ | メーカーさんから聞いた話ですが »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78158/3862940

この記事へのトラックバック一覧です: 勝手口ドアの防犯対策③:

« アパート借主の心理・泥棒の心理 | トップページ | メーカーさんから聞いた話ですが »