« 地元大田区のために | トップページ | センサーライトの選び方 »

2005.04.13

間違いだらけのセンサーライト取付

人が近づくと「ピカ!」と光るセンサーライト。ここ数年の防犯ブームのおかげか、(大型量販店の)電気屋さん、ホームセンター等で手軽に購入できるようになりました。しかし、購入後が問題。とあるホームセンターの店員さんに聞いたのですが、購入した人の7割近くが取り付けできないそうです。もったいない話ですね。しかし、残りの3割は取り付けられているわけで、街中を歩いているとセンサーライトを取り付けたお宅も見かけるようになりました。今日はその取付方法について話したいと思います。

センサーライトに期待する「機能」によって、その取り付け方は変わってきます。上記のように「防犯」目的の人もいれば、「玄関周辺の夜間の灯り代わり」を目的とする場合があると思います。
夜、帰宅した時に玄関に近づいたら自動的に灯りがつけば、玄関ドアのカギを準備しやすいですし、便利ですよね。
この場合の取付(場所&方法)については、あまり細かい事を気にする必要はありません。灯りのほしい位置につけてあげればOKです。

sensaalightこれが防犯目的だと異なってきます。灯りによる「威嚇」が目的なわけですから、泥棒が手に届く高さに取り付けたのでは、泥棒は壊してしまいます。また、センサーライトの電源のコードが手に届くところにある露出配線でも、まったく意味がありません。灯りがついたら、泥棒はコンセントのコードを抜いてしまうでしょう。ちょっと考えればわかることなのですが、言われないと意外と気がつきません。これらの取付の仕方が自分でできるのなら、(大型量販店の)電気屋さんやホームセンターでの購入して、自分で取り付けしてもよいかと思いますが、できないのであれば、近所の電気屋さんに取り付けを依頼したほうが良いかと思います。この際電気屋さんに、きちんと取付の仕方、位置を指定しましょう。「露出配線にしないでください。手の届かないところにつけてください」と。まだまだ防犯のノウハウが業者さんに浸透していません。せっかくお金を出して買うわけですから、自分のちょっとした工夫で費用に見合う効果を期待しようではありませんか!


banner←人気ブログランキングに参加中♪クリックご協力お願いします!

|

« 地元大田区のために | トップページ | センサーライトの選び方 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78158/3680842

この記事へのトラックバック一覧です: 間違いだらけのセンサーライト取付:

« 地元大田区のために | トップページ | センサーライトの選び方 »