« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

2006年1月の15件の記事

2006.01.31

イチゴ栽培その後・・・

以前イチゴの栽培を始めたことを紹介しましたが、その後・・・
ichigo
写真では少々わかりにくいですが、3つとも枯れてきてしまいました(哀)。
冬場になり室内で栽培していたのですが、何が悪かったのか・・・
肥料もあげたし、水も適度にあげてきたつもりなんですが、やはり気温が問題なんですかね。
基本的に実のなる植物を栽培するのが好きなので、春になったらまた新しい栽培を始めたいと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.30

おかげさまで

おかげさまで、このブログを開設して1周年を迎えました。
また、同時期に累計6万アクセスも達成しました。
これも皆様のおかげかと思います。
今後も業者&一般客両方の目線で、快適な住まい作りの情報を発信していきたいと思いますので、よろしくお願いします。

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.27

新旧融合の家のご紹介

昨日仕事で新築中の家に訪問しました。
shinnchiku1
2階に取り付けるアルミバルコニーとサンルームの仕様打合せです。
ここで注目していただきたいのが、
DVC00015
最近はシャッターをつける家が多いのですが、お施主さんが今まで雨戸付の家に慣れ親しんだのでしょう。
この家では、写真の通り雨戸付サッシを多用しています。
こういう細かい対応をしてくれるのが、地元の工務店の良いところだと思います。
雨戸自体は、高級断熱タイプ(トステム製DANパネル)のを使っています。
shinchiku3
窓ガラスは、防犯ガラスを使用しています。
大手ハウスメーカーでは当たり前のように使われていますが、地場の建設会社でも進んでいる会社ははこのように使用しています。

雨戸という昔ながらの良い製品と、防犯ガラスという新しくて良い製品が融合した、良い家だと思いました。

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.26

火事にご注意!

kaji

今日は仕事で神奈川県大和市に向かうため、朝6時半に家を出ました。
バスに乗って駅に向かったのですが、しばらくしたら、警察が交通整理しています。
「事故かな?」と思ったら、地元のガソリンスタンドに消防車が停まっています。
しばらく進むと、消防車が20台くらい停まっていて、物々しい雰囲気。
冬は乾燥しているため、火事になると燃え広がりやすくなります。
もちろん、1年通して火事には注意しなくてはいけないのですが、特に冬は注意です!

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.25

窓のリフォームでよく聞かれること③

連日東京は晴天です。
月曜日は大変冷え込みましたが、昨日、今日は比較的暖かいですね。

さて、今日も「窓のリフォームでよく聞かれること」について書きたいと思います。

「防犯ガラス(セキュオ)には色々種類があるけれど、どれがオススメなの?」

防犯ガラスは車のように何度も買い替えるものではないので、購入を検討されている方には、ごもっともな疑問でしょう。
どの程度の性能なのかは、破壊してみなければわかりませんしね。
これに対しての答えは、お客様によって違ってくるかと思います。

①会社経営者・金融関係の仕事をされている方・パチンコ店経営者・現金商売をされている方
以上に当てはまる方は、それなりに資産・手持ちの現金等々をお持ちでしょうから、泥棒もそれなりの成果を期待します。
よって、手荒な方法をとってくることが予想されるわけです。
ですから、なるべく防犯性の高いものを準備する必要があるわけです。
防犯ガラスであれば、セキュオSPが良いかと思います。

②会社員の方
予算があれば防犯性能の高いものを取り付けたほうが良いのは確かですが、限られた予算内で効果的な対策を施すのも良いかと思います。
防犯ガラスであれば
セキュオ60を使い、必ず補助錠をつけましょう。
こうした提案を出来ない業者は、価格が一番安い
セキュオ30をすすめてくる可能性があります。
セキュオ30とセキュオ60ではそんなに価格差がないのに、防犯性のにはかなりの差があります。
セキュオ30で泥棒に入られたという話をちらほら聞いていますので、どうせ取り付けるなら、セキュオ60にしたほうが良いかと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (1)

2006.01.24

窓のリフォームでよく聞かれること②

今日は朝からブログの更新です。
今年に入ってから、更新が途絶えがちなので、頑張らなくては!
継続は力なり!といくことで。
さて、昨日から書かせていただいている「窓のリフォームでよく聞かれること」第二弾です。

「防犯ガラスは割れないガラスなの?」

これもまたお約束のように多く聞かれる質問です。
それに対して我々は、

「防犯ガラスは、割れにくいガラスです。」

とお答えします。
そう答えると、またこういういわれる事が多いのです。

「それじゃあ意味ないよ。割れないガラスじゃないと。」

割れないガラスは存在しないと思います。
「強化ガラス」という商品が存在しますが、名前だけ聞くと大変強そうですが、方法によっては簡単に割ることもできます。
あくまでも防犯ガラスは、「割るのに時間がかかるガラス」です。
「泥棒が侵入しようとして5分入れなかったら大半の泥棒があきらめる」と言うデータが出ています。
この時間稼ぎをするためのガラスなわけです。
そのため防犯ガラスだけでは不十分で、万全を期すために、補助錠等複合的な対策をすすめています。
だいたいのお客さんは、こう説明させてもらうと納得してくれます。
なんの商品の販売でも言えることですが、きちんとした商品説明は必要ですよね。

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.23

窓のリフォームでよく聞かれること①

ついに、ホリエモンことライブドアの堀江貴文氏が逮捕されましたね。
近鉄の買収で一躍有名になり、その後の活躍ぶりと言ったらすごいものでしたが、こういう結末を迎えるとは・・・
ほんと、ビックリです。

さて、今日は何を書こうかな~と考えていてもうこんな時間になってしまったので、窓のリフォームについてよくお客さんから聞かれる事を書きたいと思います。

防犯ガラスを取り付けるためには、アルミサッシ事交換しなければいけないの?

自宅の窓を防犯ガラスにしたいと思っている人は、必ずと言っていいほどこの質問をしてきます。
何故このような質問をしてくるのでしょうか?
原因は、一般の人にとって、窓ガラスは
「透明」「不透明」「網入りガラス」くらいしか認知されていないからではないかと思います。
これらのガラスは、通常の生活からアルミサッシに取付られるということがわかりますが、防犯ガラスは得体のしれないガラスになるわけです。
ガラスメーカー(日本板硝子旭硝子セントラル硝子)自体は、素材メーカー色が強く、なかなか一般の消費者の方に防犯ガラスのPRがうまく出来ていないのが現状です。

で、この質問の答えはどうなるかと言いますと、

「グレードが限られてきますが、ガラスだけの交換でできます。」

ということになります。
お客さんの自宅の窓(アルミサッシ)に使える防犯ガラスのグレードを見極めて提案するのが、販売業者の力量となるわけです。
日本板硝子製の場合、5グレードあり、そのうち3グレードが一戸建て住宅・マンションに使えるので、3グレード内でニーズによって使い分けることが出来るわけです。
お客さんによっては、

「アルミサッシごと交換しなければ防犯ガラスは取り付けできない=高くつく」

と思われている方がけっこういるので、これを言うと安心してくれます。
まあ、このブログを読んだ方は、この質問をもうしないかと思いますがね(笑)。



banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.21

ウインドスペーサーⅡについて

yukirgeshou
今日は朝起きて雨戸を開けたら、一面雪化粧でした。
私は自宅でのんびり過ごしましたが、外出した人は、大変だったでしょう。

さて、一昨日紹介したウインドスペーサーⅡですが、自宅の浴室に取り付けてみました。
yokushitsumado1
こんな感じです。
両脇に、適度な隙間ができ、換気という面では有効に作用しそうです。
ところが少々問題があります。
yokushitsumado2
両側に隙間を開けておく状態は良いのですが、これを固定できないんですね。
つまり、サシの障子を動かして、片側に寄せることが出来てしまうんです。
片側に寄せると、写真のように、幅約10センチくらいの隙間ができてしまいます。
これでは少々防犯と言う意味では、心配・・・
そんなわけで、ウインドスペーサーは、Ⅱじゃないほう(短いほう)がオススメです!

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.19

窓の換気を考える

以前、お風呂場の換気にウインドスペーサーを紹介しましたが、今回また買って来てしまいました。

windspacer2-1

今回買ってきたのは、ウインドスペーサーⅡです。
前に買ったものと何が違うかと言いますと、

windapacer2-2

ご覧のように、長さが違うのです。
長さが違うと言うことは、窓を開けておく幅が広がると言うことです。
窓に取り付けた状態を撮影したかったのですが、ただ今夜のため、カメラのフラッシュをたくと窓ガラスが光って見えなくなってしまいます。
そんなわけで、取り付けた状態の写真は、また明日にでも・・・

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.18

無謀なお願い

ここのところ、少々ネタ切れで更新が途切れがちです。
こういうときこそ、頑張って更新しなければ・・・

さて、ちょっと前の話になってしまいますが、先週新年会で、日本板硝子さんの幹部の方とお会いしました。
昨年にも紹介しましたが、日本板硝子さんの社長さんは、タレントの千秋さんのお父さんであり、千秋さんは昨年から日本板硝子さんの商品「真空ガラススペーシア」のイメージキャラクターに採用されています。
そこで小生、恐れおおくも、日本板硝子社長様のところへ近づいて行って、(無謀な?!)お願いをしてまいりました。

「大変失礼なことを申し上げますが、次回、真空ガラススペーシアの宣伝ポスターを製作する時には、是非とも社長様にもポスターに出ていただいて、親子出演を果たしていただきたいのですが。そうすれば話題になり、日本板硝子とスペーシアの知名度が大幅に上がるので、売れること間違いないと思いますが、いかがでしょう?」

社長さんは、当然「まいったな~」的な表情をされていましたが、是非とも実現していただきたいものです!

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.15

平和な年明け

深夜に夜な夜なブログの更新です(笑)。
さて、正月明けて2週間ちょっと経ちましたが、「平和な年明けだったなあ」と言うのが、正直な感想です。
というのも、我々ガラス屋にとって、正月明け一発目の仕事は、「泥棒に入られた~!」との連絡をもらい、硝子の入れ替えというのが定番でした。
しかし、今年に限ってはそういう話は、会社の人間から聞いていません。
犯罪の件数が減ったのが、大きな要因かと思います。
警視庁では、犯罪軒数を平成4年のレベルに戻すという方針で、防犯活動をすすめてきましたが、聞くところによれば、うちの会社がある大田区の某警察署管轄地域では、平成4年の4割減の水準まで、犯罪件数が減ったそうです。
うちの会社も、地元防犯キャンペーンのイベントに積極的に参加し、少しは貢献できたかと思いますが・・・
泥棒が減ると、割られた硝子の修繕の仕事が減るわけですが、これはこれで良しとしましょう。
うちの会社としては、泥棒に割られたガラスを交換する仕事よりも、割られる前に割れにくい防犯ガラスに交換する仕事を行ないたいですし、極論を言えば、安全な社会が確立できれば、防犯ガラスの販売が増えなくても良いと思っています。
ガラスが売れなくては商売が成り立たないわけですが、防犯ガラス以外にも、真空ガラススペーシアのような、生活を豊かにする素晴らしいガラスがあるわけで、それをもっともっと皆さんに知ってもらい、皆さんに買っていただければ良いと考えていますから。
自分が商売をしている地域(東京・神奈川)において、快適な暮らしができるようになる商品を提供するのが、うちの会社の使命だと思っています。
ちょっと、きれい事すぎたかな?(笑)

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (1)

2006.01.13

トステムより、新型洗面化粧台が3月発売!

トステムさんの水廻り商品、新商品ラッシュです!
本日は、洗面化粧台の新発売のお知らせです。
atlea1
平成18年3月発売の洗面化粧台「アトレア」のカタログが届いています。
atlea2
普及タイプの洗面化粧台には、「LSシリーズ」がありますが、当面は並行販売する模様です。
今回、カタログをみて思ったのは、今までは丸いデザインだったのが、今回は角ばったデザインであるという事です。
自動車でもデザインに流行がありますが、これからの洗面化粧台のデザインの流行は、角ばったデザインなのでしょうか。
atlea3
洗面ボウルの両脇には、高さ50センチの水はねガードがついています。
他のメーカーの最新の洗面化粧台についてはあまり知らないのですが、これもトレンドなんですかね~
洗面化粧台のリフォームを考えている人は、3月まで待ったほうがよいかな??

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.11

システムキッチン「クレディア」がモデルチェンジ!

トステムのシステムキッチンは、現在上級グレードの「クレディア」と、普及~中級グレードの「プラータ」がありますが、平成18年3月に「クレディア」がモデルチェンジします。
DVC00011
カタログが会社に届いています。
3月発売の商品が2ヶ月前に届いています。
こういう情報の速いところは、トステム代理店をやっている強みでもあります。
DVC00012
今回のモデルチェンジのポイントは、今流行のガラストップ式ガスコンロが標準採用されたということでしょう。
扉の新デザインの追加・収納機器の追加等々あるようですが、今回の目玉はやはりこのコンロですかね。
今、システムキッチンクレディアの購入を検討されている方は、3月にモデルチェンジしますので、購入時期をよく検討されたほうが良いかと思います。
工事を2月中に行なわなければいけないのなら、現行型で注文しなくてはいけませんが、工事を3月以降に調整できるなら、新型を購入したほうがよいですよね。

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.10

地元の建設会社の良いところ

3連休いかが過ごされましたか?

私は、3連休の真ん中日曜日に、親戚の法事に行ってきました。
多摩霊園まで行ってきたのですが、その帰りに三鷹の親戚の家に寄ってきました。
数年前に新築された2世帯住宅なのですが、この家の素晴らしいところは、新しいものと古いものが調和していることです。
どういうことかと言うと、建て替える前の家の良いものを、新築した家に取付しているんですね。
建て替える前の家は、各下請け職人さんが大変凝った仕事をしていて、今ではもう作れないようなものがけっこうあったのです。
こういう仕事は、大手ハウスメーカーではまずやってくれません。
おそらく大手ハウスメーカーの営業マンなら、「この際全て新しいものに変えましょう!」と言うでしょう。
地元の建設会社だからこそ、こういう仕事をしてくれるのです。
家を新築・リフォームするときに、「自分たちが望んでいるものは何か?」という事をよく考えれば、仕事をお願いする業者は決まってくるものだと思います。

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

2006.01.06

加湿器の効果的な使い方

年末年始の休み中に、コジマ電気に行って、加湿器を買ってきました。
冬場は乾燥しがちで、風邪の原因になったりもします。
今回は、自分の部屋用(洋間6畳)に買ってきたのですが、
kashitsuki

な ん と 税 込 み 2 , 2 8 0 円 で す !
made in chinaの価格競争力には、本当に驚かされます。
ボタンが電源と強弱しかないので、説明書を読まなくてもよさそうですが、きちんと読んでみることにします。
そこで、一つ気がついたことがありました。
当たり前と言えば当たり前なのですが、一週間に一回、加湿器の中の汚れを掃除するように書いてあります。
「面倒だなあ~」と思いましたが、一つアイデアが浮かびました。
jyousuiki
加湿器に入れる水を、浄水器の水にするのです。
浄水器で不純物を取り除いた水を使えば、きれいなはずだから加湿器の汚れは減るはず・・・
この理論が正しいかどうかわかりませんが、とりあえず今日から実践してみたいと思います。
話は変わりますが、以前にも書きましたが加湿器の効果的な使い方を書きたいと思います。

それは、就寝時加湿器をとめたら、廊下へのドアを開けて換気をするということです。

暖房をとめたら、当たり前ですが気温が下がります。
気温が下がると、加湿器で湿度が上がった部屋では、空気中に水分が飛んでいられなくなることがあります。
これが結露となって、窓ガラスにつくんですね。
まだ窓ガラスについているのなら気がつくのですが、壁紙に結露しても目立たないのでわかりません。
こういう結露が、室内のカビの発生につながり、悪臭が発生したりするのです。
皆さん簡単ですから、加湿器を使い終わったら廊下へのドアを開けて、ちょこっと換気してあげてくださいね。

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

| | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »