« 年末年始は泥棒に注意! | トップページ | 地元の建設会社の良いところ »

2006.01.06

加湿器の効果的な使い方

年末年始の休み中に、コジマ電気に行って、加湿器を買ってきました。
冬場は乾燥しがちで、風邪の原因になったりもします。
今回は、自分の部屋用(洋間6畳)に買ってきたのですが、
kashitsuki

な ん と 税 込 み 2 , 2 8 0 円 で す !
made in chinaの価格競争力には、本当に驚かされます。
ボタンが電源と強弱しかないので、説明書を読まなくてもよさそうですが、きちんと読んでみることにします。
そこで、一つ気がついたことがありました。
当たり前と言えば当たり前なのですが、一週間に一回、加湿器の中の汚れを掃除するように書いてあります。
「面倒だなあ~」と思いましたが、一つアイデアが浮かびました。
jyousuiki
加湿器に入れる水を、浄水器の水にするのです。
浄水器で不純物を取り除いた水を使えば、きれいなはずだから加湿器の汚れは減るはず・・・
この理論が正しいかどうかわかりませんが、とりあえず今日から実践してみたいと思います。
話は変わりますが、以前にも書きましたが加湿器の効果的な使い方を書きたいと思います。

それは、就寝時加湿器をとめたら、廊下へのドアを開けて換気をするということです。

暖房をとめたら、当たり前ですが気温が下がります。
気温が下がると、加湿器で湿度が上がった部屋では、空気中に水分が飛んでいられなくなることがあります。
これが結露となって、窓ガラスにつくんですね。
まだ窓ガラスについているのなら気がつくのですが、壁紙に結露しても目立たないのでわかりません。
こういう結露が、室内のカビの発生につながり、悪臭が発生したりするのです。
皆さん簡単ですから、加湿器を使い終わったら廊下へのドアを開けて、ちょこっと換気してあげてくださいね。

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

|

« 年末年始は泥棒に注意! | トップページ | 地元の建設会社の良いところ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78158/8025681

この記事へのトラックバック一覧です: 加湿器の効果的な使い方:

« 年末年始は泥棒に注意! | トップページ | 地元の建設会社の良いところ »