« 枯れたと思ってたら・・・ | トップページ | 「モニっこ」その(4) »

2007.04.08

「モニっこ」その(3)

さて、本日噂の「モニっこ」の取り付けを行なってみました。

Dscf2171

まずは、説明書を熟読します。
最近説明書を読むのが面倒に感じるようになってきました。
イカンイカン。

Dscf2180

モニター本体は、100V電源で稼動します。
本体の下側のふたをあけ、AC100V電源のアダプターを取り付けします。

Dscf2186

こんな感じですね。

Dscf2203

ワイヤレスドアカメラの取り付け条件が書かれています。
ようは、取り付けするドアスコープの位置の両脇それぞれ3センチ、上側4センチ、下側6センチないと、ワイヤレスドアカメラの本体が取り付けできないと言うわけです。
また、ドアの厚みは45ミリ以下となっています。

Dscf2216

ドアスコープ自体は、規格があるようで、写真の説明書のように、2つのパターンがあるようです。
ようは、ドア本体から出っ張りがほとんどない(3ミリ以下)ものと、18~22ミリ出っ張っているものがあるようです。
出幅が3ミリの場合だとアタッチメントA、18~22ミリだとアタッチメントBを使用するようです。

これらの内容は、私の場合商品を購入後確認しましたが、本来は購入前に確認すべきことかと思います。

それでないと、いざ買ったは良かったが、取り付けできないということが起きたら、お金が無駄になってしまいますからね。

Dscf2231

これからモニっこを取り付けする、我が家のドアです。

Dscf2238

見てのとおり、ドアスコープの出っ張りはほとんどありません。
よって、アタッチメントはAタイプを使用することになります。
写真のドアスコープを取り外すわけですが、取り外しにはコインを使用します。
錆付いてたりしないかな?と心配しましたが、大丈夫でした。
よかった~♪

最近は、リフォームネタが尽きてきているので、今日はこの辺で。
小出しにして、引っ張りたいと思います(笑)。

にほんブログ村 住まいブログへ←にほんブログ村 住まいブログへ

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

|

« 枯れたと思ってたら・・・ | トップページ | 「モニっこ」その(4) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78158/14610860

この記事へのトラックバック一覧です: 「モニっこ」その(3):

« 枯れたと思ってたら・・・ | トップページ | 「モニっこ」その(4) »