« 大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」 4 | トップページ | ナス&人参 »

2007.08.16

過大な期待はいけません!

さて、夏休みも終わり、今日から仕事が再開されました。
夏休みの11日~15日の間も、ほんとに暑かったですね。
というか、今年は梅雨明け後、本当に暑い!
そうなると、うちの会社で扱っている真空ガラススペーシアES・および、LOW-Eペアガラスの遮熱性能に期待したいところですが、

001

写真は、本社の接客コーナーです。
3枚のガラスは、LOW-E防犯ペアガラスが入っています。
つまり、断熱・遮熱に優れたLOW-Eペアガラスで、且つ防犯ガラスになっているタイプです。

しかし!西日が強い時間になると、ガラス自体が大変熱くなります!

一部誤解があるかと思いますので、実際に使用しているユーザーとして、書かせていただきます。
LOW-Eペアガラス・真空ガラススペーシアESは、冬の寒い冷気を部屋の中に伝えにくくしたり、部屋の暖かい温度を屋外に逃がさないようにするのは大変威力を発揮しますが、遮熱性能をうたっているLOW-Eペアガラス・真空ガラススペーシアESでも、カットできる日射熱は、LOW-Eペアガラスで60%、真空ガラススペーシアESで50%なのです。
ということは、裏を返せば、

LOW-Eペアガラスで40%、真空ガラススペーシアES、室内に熱が入ってくるんです!

なかなか感覚的なことで、これを表現をするのは難しいのですが、冬場の断熱性の効果は、劇的な違い(結露しなくなる等)が感じられることが多々あります。
しかし、夏場の遮熱機能に関しては、「以前よりも暑くはなくなったかな~?!」くらいの感覚でしょうか。
ですから、夏場にLOW-Eペアガラス、真空ガラススペーシアESを使用すれば、劇的に熱が遮断されて涼しくなると思って採用すると、期待はずれな結果になるかもしれません。
こういう記載はメーカーさんから見ればネガティブな要素ですが、あえて販売する立場、使用するユーザーからの両面の立場から書かせてもらいました。
採用を検討している方の参考になれば幸いです。

にほんブログ村 住まいブログへ←にほんブログ村 住まいブログへ

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

|

« 大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」 4 | トップページ | ナス&人参 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78158/16135029

この記事へのトラックバック一覧です: 過大な期待はいけません!:

« 大田区平和都市宣言記念事業「花火の祭典」 4 | トップページ | ナス&人参 »