« ベランダの照明のリフォーム③ | トップページ | 徒歩通勤とダイエット »

2008.01.27

ベランダの照明のリフォーム④

さて、ベランダの照明のリフォームをいとう電気さんにお願いしたことは昨日紹介しましたが、このいとう電気さんについて、少々書きたいと思います。
私が物心ついたころから現在の場所にありますので、もう30年以上商売しているかと思います。
ホームページで調べたところ、昭和32年創業のようですから、もう50年商売をやっていることになりますね。
で、正直言うと、私はここのお店をほとんど利用していませんでした。
というのも、ここのお店のすぐ斜め前に、大きな電気屋さん「内外無線」があったためです。
「あったため」と書かなければいけないのが少々残念なのですが、3年前だと思いますが、倒産してしまいました。

話が少々脱線してしまいますが、地元大田区ではこの「内外無線」はけっこう大きく商売をしていて、大田区民では知らない人はいないと思います。
本店は5階建てで、フロアの面積も大きく、総合家電店といった感じで、大田区内には、いくつか支店もありました。
「内外無線」でグーグル検索をしてみたところ、懐かしむ、惜しむ記事が色々出てきます。
以下は、内外無線を懐かしむ記事です。

ブログ 大田区大森より愛をこめて・・・
ブログ エチュードの頃

ヨドバシカメラ・ヤマダ・コジマなどの大手量販店の台頭の影響でしょうが、倒産したことがわかったときには、すごく寂しかったのを憶えています。

近所にそんな大きな電気屋さんがあっても、いとう電気さんはずっと商売を続けています。
友人に聞いてみると、「意外と放り出し物があって、安かったりするよ!」という情報もありました。
競合ライバルが多い中、50年間も商売を続けられたのには、顧客の気持ち・ニーズをつかむ、価格以外の何か良さがあるでしょう。
そんなわけで、今回はいとう電気さんに相談してみました。
相談にのってくれたのは、私と同じ歳くらいの店員さん。
特別に愛想が良いわけではありませんが、私の要望を言うと、色々と相談にのってくれます。

「夜になると、ベランダの照明の電源を入れるが、朝明るくなると電源を切るのを忘れてしまう。」
「夜間だけ明かりをつけておきたいが、タイマー式と明暗センサー式とどちらがよいか?」
「なるべく安いもので・・・」

等々話してみると、照明機器を買えないとだめである、カタログに載っている照明機器でも、明暗センサーに対応しているものと、対応していないものがあることを教えてくれました。
しかし、照明機器ってほんと色々なデザインのもの、色々なワット数のものがあることがわかり、ビックリ。
まあ今回は、

①防犯上の問題で、夜間ベランダに明かりを点けておきたい、
②消し忘れを防止したい
という目的に交換するわけですから、そんなにデザイン性に優れた高価な商品は必要ありません。

で、多くの商品から、以下の商品を選びました。

メーカー オーデリック株式会社

恥ずかしながら、こちらのメーカーさんのことを知りませんでした・・・
ホームページを見る限りでは、照明機器の専門メーカーさんで、規模もけっこう大きい会社のようです。
ショールームもあるようなので、そのうち行ってみたいと思います。
今自分の部屋のメインの蛍光灯も、けっこうデザインが陳腐化してしまった昔ながらのものなので、そのうち変えたいと思っています。

で、採用した商品はこれです。

Og041535

外壁がクリーム色で、アルミサッシがブロンズ色、雨戸がベージュのため、照明機器の部品はオータムブラウン色にしてみました。

このほかに、明るくなると電源が切れ、暗くなると電源が入るようにするためのセンサーが必要になります。

Oa075822_3

これを、それぞれ2箇所ずつ取り付けます。
製品代は、それぞれ2割引してくれました!
それに、取付代が一箇所8,000円なので、2箇所で16,000円。
全部で44,120円となりました。
自分が予想していた範囲内の金額なので、とりあえずは一安心。
月曜日にメーカーさんに品物を注文し、水曜日には届くとのことで、取付日に関しては、入荷次第電話をもらい、打ち合わせをすることに決めました。
今からが楽しみです♪

にほんブログ村 住まいブログへ←にほんブログ村 住まいブログへ

banner←人気ブログランキングに参加中♪ クリックご協力お願いします!

|

« ベランダの照明のリフォーム③ | トップページ | 徒歩通勤とダイエット »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78158/17857943

この記事へのトラックバック一覧です: ベランダの照明のリフォーム④:

« ベランダの照明のリフォーム③ | トップページ | 徒歩通勤とダイエット »