« ベトナム・カンボジア訪問記(最終回) | トップページ | ベルックスのトップライトを修理(2) »

2008.12.15

ベルックスのトップライトを修理(1)

年末も、だいぶ押しっ迫ってきました。
さて、「年を越すのにやっておかねば!」と思ったことを紹介します。
それは、「トップライト」の修理です。

Img_1365

我が家には屋根裏部屋があり、そこに4か所ベルックス製のトップライトがついています。
参考までに言うと、ベルックスはデンマークのトップライトのメーカーであり、昔からトップライトのメーカーとして知られています。
今回、修理を依頼したのは、トップライトに使用されているペアガラスが、内部結露しているように見えたためです。
現在、日本国内では、ペアガラスの保証期間は10年とされており、それを考えるともう18年も超過しております。
10年で寿命が来ると言うわけではありませんが、築28年では寿命がきていても仕方ありません。

Img_1366

良くみてみると、木枠のところに水が染みたような感じになっています。
水がジワジワ漏れていると、建物を徐々に傷めてしまい、結果多大なお金がかかるようになってしまいます。
早いうちに処置をしておいたほうがよいと思い、修理の依頼をしました。
通常のガラス交換でしたら、自分の会社の職人さんにやってもらうのですが、いかんせんトップライトであり、デンマーク製のものです。
今回は、メーカーさんの日本法人である日本ベルックスさんに連絡し、修理依頼しました。

修理依頼は、日本ベルックスさんのホームページの「お問い合わせ」のところからすることができます。
問い合わせを入れた日に連絡をいただき、施工日が明日16日(火)に決まりました。
スピーディな対応は、GOODですね。

修理のレポートは、また日を改めて行ないたいと思います。

|

« ベトナム・カンボジア訪問記(最終回) | トップページ | ベルックスのトップライトを修理(2) »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78158/43424903

この記事へのトラックバック一覧です: ベルックスのトップライトを修理(1):

« ベトナム・カンボジア訪問記(最終回) | トップページ | ベルックスのトップライトを修理(2) »