« ここのところ考えていること | トップページ | 無事完了 »

2010.11.30

冬の賞与

こんにちは。

先ほどまで冬の賞与の最終考課を行なっていて、本日予定していたところまで完了しました。
明日は、残りを行なう予定です。
三浦屋は60人程度の会社なので、役員による査定委員会で社員全員の考課表をチェックし、最終考課を行なっています。

正直言って、私は考課の仕事は好きではありません。
社員は頑張っているので皆に良い評価をつけたいところですが、差をつけなければ考課をする意味がなくなってしまいます。
良い成果を上げた人には評価してあげないといけないし、低迷した人には反省してもらわなければいけません。

適正な自己考課が出来ている人、出来ていない人、適正な1次考課が出来ている人・出来ていない人、いろいろな人がいます。
数年前に考課の社内ガイドラインを用意したおかげでだいぶ基準のブレは無くなりましたが、それでもまだ社内で基準のブレが存在するのが事実です。
査定委員会で会社の方針・世の中の常識・社内バランスを考慮しながら最終考課を行うわけですが、結果を連絡すると多かれ少なかれ異論反論が出てきます。
異論反論の原因は、情報が不足していることにより客観的に物事を判断できていないために出てくるのが大半だと見ています。
役員以外の社員にとっては、情報ソースが限られてくるのである意味仕方のないことなのかもしれませんが、あまり気分の良いものではありません。
公正さを徹底しようとすると、時に不愉快な思いもします。
まあ、仕事と割り切るしかありません。

明日も頑張ります!

|

« ここのところ考えていること | トップページ | 無事完了 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/78158/50173793

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の賞与:

« ここのところ考えていること | トップページ | 無事完了 »