« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月の20件の記事

2011.03.30

クールビズ前倒し

さてさてここのところ節電ネタが多くなっていますが、今日も節電ネタですよ。

昨日、主要仕入れ先であるトステムさんの代理店社長会の役員会があり、その場で節電の話題になりました。
その中で、S社のS田社長から「5月からクールビズにして、クーラーの使用を控えたらどうだろう?」というアイデアがでました。

「そのアイデア、三浦屋で使わせてもらいます!」

ということで、今年は5月からノーネクタイのクールビスにして、クーラーの使用を控える、もしくは設定温度を今までよりも上げるようにしたいと思います。
まだ社内で正式連絡をしていなく、こちらのブログの方が先行してしまいました。
このブログの更新が終わってから、社内の回覧に載せて連絡を行ないます。

◆みんなの小さな節電の積み重ねで、暑い夏の時期の計画停電を回避しよう◆

| | トラックバック (0)

2011.03.28

インプラス受注再開

本日よりインプラスの受注が再開されましたが、従来のルール納期よりもかかるようですので、ご注文の際には納期に余裕を持ってお願いします。

| | トラックバック (0)

食卓の照明

食卓の照明

我が家の食卓の照明です。
電球が6個つくようになっていますが、節電のために4個取り外して2個で使用しています。
2個でも全く問題がありません。
如何に電気を無駄に使用していたか、よくわかりました。
この他の場所の照明機器の電球もはずしていますが、はずした電球の中には、LED電球、電球型蛍光灯、白熱球があります。
もちろん、電気の消費量の少ないものを使用しているのは言うまでもありません。

◆みんなの小さな節電の積み重ねで、暑い夏の時期の計画停電を回避しよう◆

| | トラックバック (0)

2011.03.25

28日から

トステムさんとり、28日から住宅エコポイント対象商品である樹脂内窓インプラスの受注を再開するとの連絡が入りました。
当面は、納期が不安定になるかと思いますので、余裕を持った注文をお願いします。

| | トラックバック (0)

2011.03.24

今日の節電

今日は1日得意先廻りをしていましたので、更新がこんな時間になってしまいました。

今日の節電ですが、昨日とあまり変わりませんがステレオのコンセントを抜きました。
ステレオの主電源を切っていても、ランプがついているということは電気が消費されています。
コンセントを抜くことにより、完全に電気の使用がなくなりました。
小さいことですが、確実に節電になっていると思います。

今私が出来ることは、社員、社員の家族の節電の意識をあげさせることだと思います。
今日も、社員に節電のメッセージを発信しました。
今後は、取引先にも節電を呼び掛けていきたいと思います。

◆みんなの小さな節電の積み重ねで、暑い夏の時期の計画停電を回避しよう◆

| | トラックバック (0)

2011.03.23

できることから始めよう。

おはようございます。

久しぶりの更新になってしまいました。
今朝の日経新聞の一面にも出ていますが、今年の夏の電力不足は深刻なものになりそうです。
ここのところ計画停電が回避されたりしていますが、夏のことを考えると、より節電しなければいけないと思います。
日本国民一人一人が節電を一歩ずつ進めれば、その効果は計りしれません。
微力ですが、節電活動に努力したいと思い、期間限定ですがこのブログに「節電活動」のカテゴリーを設けました。
私が思いついた節電活動、節電の実践を書いていきたいと思います。

まず今日は、自宅のプリンターの電源を切りました。
パソコンをお持ちの方はプリンターも持っている比率が高いかと思いますが、プリンターの稼働率ってそんなに高くないですよね。
使用する時だけ電源を入れて対応したいと思います。

◆みんなの小さな節電の積み重ねで、暑い夏の時期の計画停電を回避しよう◆

| | トラックバック (0)

2011.03.19

節電その2

節電その2
かーディーラーでも節電で照明が消えています。
こうしてみんなで積み重ねて停電を克服するのは、よいことだと思います。

| | トラックバック (0)

2011.03.17

プラチナ大和 完成

Img_0059

昨年より弊社で建設していた老人ホームが完成し、本日引き渡しに行ってきました。
4月より、プラチナケア大和として営業します。

| | トラックバック (0)

2011.03.16

ペアガラスまでも

トステムさんではペアガラスも生産しているのですが、今回の地震の影響でペアガラスも受注を停止すると連絡が入りました。
2週間程度とのことなので3月いっぱいくらいかと思いますが、大変なことになってきました。

| | トラックバック (0)

出来ることから

本社では普段エプソンとキャノンのレーザープリンタを使用していますが、当面の間はエプソンのプリンタの電源を切り、キャノンのレーザープリンタのみで対応することにしました。
わずかな節電かもしれませんが、塵も積もれば山となります。
まずは、出来ることから始めましょう。

| | トラックバック (0)

2011.03.15

東北地方太平洋沖地震の地震被害に対する支援について

東北地方太平洋沖地震により亡くなられた方々に、謹んでお悔やみ申し上げます。同時に被災されました皆様に対し、心よりお見舞い申し上げます。

株式会社三浦屋は、被災された皆様の救済および復興に役立てていただくため、日本赤十字社を通じて100万円の寄付を行いました。

被災地の一日でも早い復興を心よりお祈り申し上げます。

株式会社三浦屋
代表取締役社長

内 川 義 雄

| | トラックバック (0)

インプラス生産停止

つい先ほどトステムさんより樹脂内窓インプラスの生産停止の連絡が入りました。
生産工場が岩手県一関市にあり、今回の地震で樹脂の形材押出しラインが損傷し、インプラス生産において復旧させるのに10日~20日ほどの日数を要する状況とのことです。

| | トラックバック (0)

2011.03.14

取扱いメーカーの物流の状況

トステムの担当者より、本日の出荷が出来ない旨連絡が入りました。
ですので、明日の商品入荷はありません。
日本板硝子の担当者からも、原材料の問題から本日発注分の納期を出せない旨連絡が入りました。
両メーカー共に、工場、物流で多大な被害が出ているようですので、やむを得ない状況です。
未曾有の緊急事態ですので、ご理解いただけるようお願いいたします。

そんな中、今日の仕事の最後に信じられないことが起きました。
お客様の多くが商品の遅延で困っていて、必要に応じてメーカーから届いた納期遅延の案内文を送っています。
しかし、とあるお客様が出荷遅延の案内文に加えて、メーカーの工場が壊れている状況が写っている写真を求めてきたのです。
メーカーが嘘をついているとでも思っているのでしょうか。
先週金曜日の午後から日本で起きていることの重大さが、わからないのでしょうか。
日本全体が団結して復興に向けて歩み出している中、こういう人もいることがわかり誠に残念な思いです。

| | トラックバック (0)

東北地方太平洋沖地震

水曜日以来の更新となりましたが、このような形で更新するとは、全く予想できませんでした。

本日の営業は、定時よりも前倒しして先ほど終了させていただきました。
京浜急行が15時30分に運転を見合わせるとの情報が入ったためです。
弊社の社員のほとんどが京浜急行を使用しているので、営業を終了して帰さないと社員が帰宅出来なくなってしまいます。
取引先の皆様、非常事態であるのでご了承願います。

今、がらんとした事務所で更新をしています。
東北地方太平洋沖地震が起きた先週金曜日からまだ3日しか経っていないのですが、大変長い時間に感じました。

金曜日は出先から1時間半歩いて会社に戻りながら、社員の安否の確認を行ないました。

2011031415280000

ご覧のように本社の階段の壁にひびが入っていました。
各営業所では、倉庫で若干のガラスが破損した程度の被害で済んだようです。
これだけの被害で済んだのは、平成15年の植杉社長体制の時から安全教育の徹底をしてきたからだと思います。
不幸中の幸いです。

帰社後は、社員の帰宅させる方法を考え、目途がついた社員から順次帰宅させ、全員目途がついた時点で帰宅しました。

週末土日は、余震に備えて買い出しに出かけました。

Moblog_436fb1bc

びっくり、パンの売り場はご覧のように品物がまったくありませんでした。
牛乳、水も売り切れです。

日曜日に乾電池と懐中電灯を買い忘れたことに気が付き、近所の家電量販店に行きましたが、時すでに遅し。
単1、単2電池はすべて売り切れていました。
自宅にある懐中電灯は単1電池なのですが、ラジオのついた複合タイプの懐中電灯は単3で動くので、単3電池を買い込んで帰りました。
ガソリンスタンドはどこも長蛇の列です。
マイカーのガソリンは2/3位入っていましたが、念のため並んで給油しておきました。

今日はいつもよりも早く出社し、前日に用意しておいた指示書を各営業所に送って指示をしました。
新しい情報がどんどん入ってくるので、それに対して新しい指示を決定し、都度文書化して各営業所に送りました。
口頭だとどうしても情報伝達ミスが発生するので、手間暇かかりますがすべて文書で指示をしました。

2011031415310000_2

本社、大森営業所、硝子工事営業所のある大田区大森西は、今回計画停電の地域には入りませんでした。
しかし日本全体の問題ですので、節電に全面的に協力しなければいけません。
各営業所には照明機器の一部を取り外して節電をするように指示しました。
本社は、上記写真のように照明を半分にしています。
若干暗く感じますが、仕事には支障はありません。
本社と大森営業所のトイレは暖房便座となっていますが、電源を切るように指示しました。

まだまだ予断を許さない状況ですが、日本国民が一丸となれば乗り越えられるはずです。
甚大な被害を受けた東北地方の方々に何らかの形で支援をしたいと思います。
我々も、公共の交通機関のマヒ、商品の流通不足と向き合い、打開していきます。

| | トラックバック (0)

2011.03.09

接触事故発生

大和駅と鶴間駅の間で接触事故が発生し、只今大和駅で足止めくらっています。復旧は10時頃とのことですが、大和駅と江の島駅間で電車が動くようなので、なんとか会社にたどり着けそうです。

| | トラックバック (1)

2011.03.08

次世代ウインドウ「サーモスH」FIX窓の紹介

こんにちは。
先週金曜日以来の更新となってしまいました。

さて、こちらのブログでも何回か紹介している次世代スタンダードウインドウ「サーモスH」(関東では平成23年7月発売)ですが、前の更新でも書いたとおり、スタイリッシュで断熱性能に優れた商品ではあるのですが、家の中で使用する箇所が限られてきてしまうという注意点があります。
その辺をうまく購入される方に伝えなければいけないのですが、なかなかカタログで説明するのは難しい・・・

そんなわけで、今回動画を作ってみました。

まずは、従来型のサッシのFIX窓の紹介です。

Img_00491

動画と上記画像でうまく伝わるか心配なので、文章でも書きます。
従来型のサッシは、室内側の両脇と上に縁(ふち)フレーム(業界用語で押し縁と言います)のようなものがあり、これを取り外すことにより室内側からガラスの取り外し、取り付けができます。

これに対して、次世代スタンダードウインドウ「サーモスH」のFIX窓はと言うと、

Img_00471

次世代スタンダードウインドウ「サーモスH」では、ご覧のように室内側からはほとんどサッシ部分が見えません。
室内から見ると、窓額縁の奥はペアガラスとなっています。
これによりガラス面積が広く見えるために、スッキリとした視界に見えます。
使用されているペアガラスは、特殊金属膜がついたLOW-Eペアガラスを使用しているので、断熱性に優れています。

一方で、室内側からガラスの取り外し、取り付けが出来ない構造となっています。
上記画像を見てもらえばわかると思いますが、室内側の窓額縁よりもペアガラスの方が大きいので、当然と言えば当然なのですが・・・
「窓額縁を外せばガラスの取り外しが出来るのでは?」と思われる方もいるかと思いますが、窓額縁を取り外してのガラス交換は非現実的です。
ガラス屋さん以外に大工さん、状況によってはクロス屋さんも呼ばなくてはいけなくなりますので、お金がかかってしまいます。

ガラスは、何かぶつけたら割れる恐れがあります。
また、LOW-Eペアガラスはメーカーが性能保証してくれるのは10年であり、10年を超えて断熱性能が低下した場合は、有償で交換となります。
このように、長年使用していると何らかの理由でガラス交換が必要になる機会があるかと思います。
その際、サーモスHのFIX窓は室外からのガラス交換となりますので、2階、3階で外側にいけないような場所にこの商品をつけてしまうと、ガラス交換を行なうのが大変な作業になってしまいます。
室外に鉄パイプで足場を作れば出来ないことはないですが、これまた現実的ではありません。
サーモスHのFIX窓は、2階、3階には使用せず、1階だけに使用することをお勧めします。


| | トラックバック (0)

2011.03.04

昼御飯

昼御飯
地元では有名な、鳥久のお弁当です。
500円でこの味は、なかなかイケテます!

| | トラックバック (0)

インプラスリバーシブル仕様新発売

昨日、樹脂製内窓インプラスのリバーシブル仕様の発売情報が唐突に入ってきました。
しかも、発売日は3月1日。
もう発売になっているのに、我々代理店に事前連絡がありませんでしたangry
障子の向きを入れ替えることにより、夏と冬の性能を変えることが出来るらしいのですが、詳細情報はまだありません。
入り次第公開したいと思います。

| | トラックバック (0)

2011.03.03

次世代ウインドウ「サーモスH」 紹介動画準備中

これまで何回にわたって、トステムさんが今年7月に発売する次世代スタンダードウインドウ「サーモスH」について紹介してきました。

断熱性能に優れ、意匠性も良いのですが、従来のサッシと比べて汎用性がなく、使用方法を誤ると後々困ることになります。
この辺を正確に伝えるのが重要になるのですが、新しい試みとして動画を準備しています。

Img_0041

本社建材営業本部の早川係長が、サーモスHの採用に関して、良いところと採用においての注意点を説明します。
FIX窓、横滑り出し窓、引違いフレームインタイプの動画の撮影は完了しましたので、近日中に公開したいと思います。
4月にリニューアルする三浦屋のホームページへの掲載も検討中です。

| | トラックバック (0)

何にもしていないんですが?!

こんにちは。

今週になって初めての更新となってしまいました。
それなのに、日曜日から相変わらずのコンスタントに訪問していただいております。
ご覧頂いている皆様には、感謝の思いでいっぱいですね。

さてだいぶ時間が経ってしまいましたが、今日は故障した玄関ドアの話です。
2月20日までさかのぼりますので、忘れてしまったかたは、2月20日の記事または「玄関ドア・勝手口ドアのリフォームのカテゴリ」をご覧ください。
おかげさまで、故障していた電気錠「CAZAS」は直りました。
どうやって直ったかというと、何もしておりませんcoldsweats01
数日前に試しにタグキーをかざしたところ、何事もなく解錠、施錠が出来ました。
今まで発していた「ピッピッピッピッピッ」という音もしません。
トステムの担当者に聞いても原因はわかりません。
昨年4月~10月に電気錠のマグネットのメーカー不具合があったようですが、このロットとも違うみたいです。

念のため、ずれているように見えた玄関ドアのたてつけ調整はやってもらいました。
しばらくは様子を見たいと思います。

| | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »