トステム製内窓「インプラス」の取付

2012.02.03

ホームセンター&大手リフォーム会社のチラシ

住宅エコポイントが復興支援・住宅エコポイントとしてリニューアルされて復活したこともあり、昨年末から樹脂内窓「インプラス」の売れ行きがよくなっています。

ホームセンターや大手リフォームチェーン店のチラシでも、大きくスペースをとってPRしています。

ただ問題なのが、これらホームセンターや大手リフォームチェーン店がメインでPRしているのが、一番安い単板ガラスを組み込んだインプラスだということです。

こういうチラシを見た人は、

「一番安い単板ガラスを組み込んだインプラスが標準的なんだ」

と思ってしまいます。

インプラスは、組み込むガラスで色々性能が変わってきます。

一番安い単板ガラスを組み込んだインプラスは、価格は安いのですが断熱性能は一番期待できません。

私に言わせれば、一番安い(単板)ガラスを組み込んだインプラスは防音目的だけで使用すべきです。

断熱性能は、あまり期待すべきではありません。

実際問題、自宅に防音目的で取付した単板仕様のインプラスは、冬の間、たまに結露しています。

断熱目的でインプラスを取り付けするのなら、最低ペアガラス、願わくばLOW-Eペアガラスを組み込んだインプラスにしたいところです。

現在大手ハウスメーカーの新築住宅では、LOW-Eペアガラスが標準仕様となっています。

ですから、LOW-Eペアガラスはもう特別なものではないのです。

我々ガラス屋がプロ意識をもって、もっともっと真実をPRしていかなければいけないと感じました。

| | トラックバック (0)

2011.09.14

暑い夏が終わりつつあります

今日も暑いですね。

私がいるフロアは、節電をしつつ効果的に部屋を涼しくするために、サーキュレーター、扇風機を必要に応じて使用しています。

今日は、サーキュレーター、扇風機の稼動率がここ数日の中では高いようですね。

昨年の夏に続き、今年の夏も本当に暑い日が多かったと思います。

もう夏になったら、東京は30度半ば、下手したら30度後半まで気温があがるのが当たり前と考えるべきです。

そうなると、我々の仕事も変わってきます。

我々が取り扱う窓(サッシ・硝子)において、近年求められてきたのは、「断熱性能」でした。

冬の時期に冷気を室内に伝えない、熱を逃がさないことが重要だったのです。

断熱性能があれば、冬の時期に室内が寒くならないようになります。

しかし、今年の夏のような猛暑を前提とすると、「遮熱性能」が重要になってきます。

「断熱性能」に優れていると「遮熱性能」もありそうに感じますが、実は違います。

遮熱性能とは、太陽熱を室内に入れにくくする性能で、断熱性能とは違うのです。

窓が大きければ大きいほど、夏場の暑い時期に外から熱が入ってきます。

今年の夏のような猛暑を前提とするならば、首都圏の住宅の南面、西面の窓のガラスは、遮熱性能に優れたものにしたいところです。

今年の夏の猛暑から、たくさんのことを学びました。

この経験を活かし、来年の夏に向けて営業活動をしていくつもりです。

| | トラックバック (0)

2011.06.23

単板(1枚ガラス)仕様のインプラス

住宅エコポイントの期間が年末から7月末になったことにより、住宅エコポイント対象商品あるインプラスの売れ行きが好調です。

しかしちょっと気になるのが、単板(1枚ガラス)仕様のインプラスがけっこう売れているということです。

インプラスはLIXIL製の樹脂内窓の総称であり、使用するガラスを変更することにより機能が色々と変化します。

単板(1枚ガラス)仕様のインプラスでは、防音機能は期待できますが、遮熱機能はあまり期待できません。

我が家でも防音目的で単板仕様のインプラスを取り付けた箇所がありますが、そこの窓は東面で、朝方けっこう日射熱が入ってきます。

現在、LIXILさんがテレビコマーシャル等で「日本の夏にインプラス」と宣伝していますが、夏の時期に求められる機能は、遮熱(室内側に熱を入れない)性能が大半だと思います。

インプラスの遮熱高断熱LOW-Eペアガラス仕様もしくは、インプラスに大手硝子メーカー製の遮熱高断熱LOW-Eペアガラスを組み合わせて使用すれば遮熱機能が期待できますが、それ以外の仕様だと遮熱機能はあまり期待できないので要注意です。

期待する機能に合わせて、組み込むガラスを選んでいただければと思います。

| | トラックバック (0)

2011.03.15

インプラス生産停止

つい先ほどトステムさんより樹脂内窓インプラスの生産停止の連絡が入りました。
生産工場が岩手県一関市にあり、今回の地震で樹脂の形材押出しラインが損傷し、インプラス生産において復旧させるのに10日~20日ほどの日数を要する状況とのことです。

| | トラックバック (0)

2011.03.04

インプラスリバーシブル仕様新発売

昨日、樹脂製内窓インプラスのリバーシブル仕様の発売情報が唐突に入ってきました。
しかも、発売日は3月1日。
もう発売になっているのに、我々代理店に事前連絡がありませんでしたangry
障子の向きを入れ替えることにより、夏と冬の性能を変えることが出来るらしいのですが、詳細情報はまだありません。
入り次第公開したいと思います。

| | トラックバック (0)

2011.01.25

インプラス「ダストバリア仕様」全品種発売

こんにちは。

ここのところちょっとネタ切れで、更新するのが大変ですsweat01
そんな中トステムさんからメールが届き、ブログネタが出来ましたので更新します。

住宅エコポイントで売れ行き好調のインプラスですが、3月より全品種「ダストバリア」仕様となります。
ダストバリア仕様については、昨年10月18日の更新で紹介しましたが、簡単に言えば埃が付きにくく、掃除時間が短縮される仕様です。
我が家のインプラスを見ると埃が付いていないのであまりピンと来ないのですが、使用環境によっては埃がたくさん付くんでしょうね。

また、寸法別価格を見直しして見積りしやすい価格体系となる模様です。
購入されるお客さんにとって分かりやすい価格体系のほうがよいですよね。
でもインプラスの場合、使用目的によってガラスをトステム製のガラス以外のものを組み合わせたほうが良い時も多いので、そうなるとプロでないと正確な見積もりは出来ません。
やはりこだわりの高性能な商品となると、見積りもプロの仕事となるわけですね。

| | トラックバック (0)

2010.10.18

ダストバリア?

こんばんは。

先週は火曜日から土曜日までシンガポールに行っていたため、更新を休ませていただきました。
私の携帯電話だとシンガポールで使用できるのでブログの更新ができなかったわけではありませんが、海外で使用すると料金がすごく高いので自粛した次第です。
シンガポールでのお話は明日以降に更新したいと思います。

さて本日1週間ぶりに出社したところ、私の机に一冊のカタログが置かれていました。

Img_0563_r

トステム製インナーサッシ「インプラス」のカタログです。

Img_0566_r_2

よく見れば、ダストバリア仕様と書かれていますよ?!

Img_0570_r

インプラスは樹脂サッシなわけですが、特殊な樹脂を使用することにより、埃がつきにくくなったようです。
表面処理も梨地仕上げ(ざらついたマット仕上げ)にすることにより、高級感もアップしたとのこと。
埃がつきにくくなったのは良いのですが、

そもそもそんなに埃がつきやすかったのか?!




というわけで、今回初めてまじまじと自宅インプラスの汚れ具合をチェックしてました。
結論から言うと、ほとんど汚れていませんでした。
カタログには、埃を呼び寄せる原因は静電気だと書かれています。
となると、私の家では静電気がそんなに発生していないのでしょうか?
トステムの担当であるS井主任曰く、この商品は「寒い地域からの要望」とのこと。
となると、我々が住んでいる首都圏は暖かいので、従来型のインプラスでよいということにもなります。

これから冬を迎え、どうなるかが楽しみです。

| | トラックバック (0)

2010.09.27

インナーウインド《mado2/まどまど》納期遅延解除

AGCプロダクツ製のインナーウインド《mado2/まどまど》ですが、生産能力を超える受注のために春先から納期遅延が起きていましたが、生産体制を整えることにより納期遅延が解消した模様です。
弊社でも、トステム製インプラスほどの数量ではないですが、毎月それなりの本数販売させていただいていますので、納期が正常化されたのはありがたい話ですね。

| | トラックバック (0)

2010.09.15

ゼロではなかった!

1週間ぶりの更新となってしまいました。

昨日は、月に一度の営業マン向けの研修会を開催したのですが、大和営業所のH川主任から

「社長!、僕は浴室用インプラス1セット販売していますよ!」

との申し入れがありました。
浴室用インプラス、全社的に販売実績ゼロかと思っていたのですが、そうではなかったですね。
井田営業所では売れているのかな・・・

ブログを見た井田営業所の営業の皆さん、報告をお待ちしております。

| | トラックバック (0)

2010.09.09

売れ筋商品なのですが

こんにちは。

ここのところ、リフォームネタ以外での更新が続いていたので、今日は久しぶりのリフォームネタであります。
今年に入ってものすごい勢いで売れている樹脂内窓インプラス、7月、8月はやや失速しましたが、それでも前年比200%以上売れています。

そんなインプラスの中でも、売れていないインプラス関連商品があります。
こちらです。

2010090911570000

浴室用インプラス!
トステムさんのライバルメーカーであるYKKさんが浴室用の樹脂内窓を発表し、それに追随した形でトステムさんも開発、発売したのですが、ちょっと安易だったんじゃないですかね。
先ほど弊社の大森営業所の営業事務の社員に聞いてみましたが、発売後注文はゼロだそうですcoldsweats02
他の販売会社さんで売れているのか、興味のあるところです。
冬になり、寒くなったら売れるのかな・・・

| | トラックバック (0)