エクステリアのリフォーム

2010.01.12

玄関タイルリフォーム中(最終回)

ネタを引っ張った割には、玄関タイルのリフォームねたも、今日があっさり最終回(笑)。
間隔が空いての更新なので、わかりにくいと思いますので、リフォーム前とリフォーム後の写真を並べて紹介したいと思います。

まずは、2階玄関。

Img_4205
(リフォーム前)

Img_4267
(リフォーム後)

工事中はタイルの目地の色が濃かったのですが、1週間経過すると無事に薄くなりました。 
大きさの違うタイルが貼ってあると、高級感があってなかなかいい感じです。

続いて、外階段部。

Img_4211
(リフォーム前)

Img_4269
(リフォーム後)

階段は、踊り場のところ以外は面積が小さいので、300角タイルのみでの施工となっています。

続いて、門扉周辺。

Img_4219
(リフォーム前)

Img_4287
(リフォーム後)

写真を撮る角度が微妙に違うのは、ご愛嬌と言うことで(笑)。
一番汚れが目立っていたところがキレイになって嬉しいですね。

今回のタイルは、汚れがつきにくい、滑りにくいというものを選択しましたが、その効果を体感するまでには至っておりません。
効果が体感できたら、ここで報告したいと思います。
工事期間の1週間は、短いようで長く感じました。
タイルの取り壊しはけっこう音がして、住んでいる人にとってけっこう負担がかかりますし、また入口の出入りが制限されるので、ストレスがかかります。
施工を行なうタイミングとかも、よく検討したほうがよいかもしれませんね。
最初にも書きましたが、年末の慌しい時期は避けたほうが無難だと言うことが、今回やってみてわかりました。

| | トラックバック (0)

2010.01.10

玄関タイルリフォーム中(2)

またまた前回の更新から時間が経ってしまいました。
もうとっくに工事は終わっているのですが、すいませんcoldsweats01

前回の更新の時に紹介し忘れた勝手口ですが、

Img_4226

写真のように、他の場所と同様既存のタイルを剥がして、下地作りがされました。
今回は、まずはここにタイルを貼った様子から紹介します。

Img_4252 

こーんな感じに仕上がりました。
勝手口は狭いので、300角のタイルしか貼ることができませんね。

Img_4255

貼り終えた玄関の写真です。
300角、150角、300×150のタイルは混ざって貼ってあり、なかなか良い感じです。
ただし、写真ではちょっとわかりにくいのですが、タイルの目地が濃いグレーとなり、明らかに浮いて見えます。
カタログのサンプル写真では、薄いグレーであったので、仕上がった様子が全然違います。
施工したタイル屋さんに問い合わせすると、まだ乾いていないので、1週間程度経って完全に乾けば薄くなるとのこと。
次回の更新で完全に仕上がった様子を紹介しますが、確かに数日後目地の色は薄くなりました。
事前に聞いていればなんてことはなかったのですが、正直「目地の材料の使用間違いでを施工しなおしか?」と焦りました。
こういうことは、事前に連絡しておいてもらいたいですね。

それでは明日は、施工完了後の現場写真の紹介をしたいと思います!

| | トラックバック (0)

2010.01.06

玄関タイルリフォーム中(1)

こんばんは。

珍しく、こんな時間に更新です。
今日は午前中は取引銀行を訪問し、新年の挨拶をしてきました。
午後は、休み中に届いた郵便物を見ていました。
以前にも言ったかもしれませんが、社長になってみてビックリしたのが、毎日届く郵便の量です。
5日間年末年始の休みがありましたので、たまった郵便の量はかなりのものでした。
全部目を通すのに、半日は十分にかかってしまいます。
そんなわけで、今日はあっという間に時間が過ぎていってしまいました。

さて、話は変わりますが、今日は玄関タイルのリフォームネタであります。
余りにも前回の更新から時間が経ちすぎていますので、工事前の状況を振り返りながらすすめていきましょう。
工事前の玄関の周辺は、こんな感じです。

Img_4205
2階の玄関の写真

Img_4208_2

2階の外階段の写真です。滑り止めのステッカーが剥がれてきています。

Img_4214

Img_4219   
玄関周辺部です。
シールが、どんどん剥がれていってしまっています。

汚れ・カケがひどいので、リフォームすることにしました。

Img_4221

Img_4223 

Img_4225

工事初日は、既存のタイルを剥がして、下地を作り直しました。
タイルを剥がす作業はかなり激しい音がしたらしいのですが、小生は仕事で外出しているので聞いておりません。
家内いわく、相当大きな音だったと言うことです。
それでも赤ちゃんは、微動だにせず。
たいしたものです!

| | トラックバック (0)

2009.12.18

リフォーム前のタイル

こんばんは。
こんな時間の更新になってしまいました。
今日も、あっという間にバタバタ過ぎて行きました。
師走ですねえ~

さて、今日は以前から紹介している玄関タイルのリフォームネタです。
今日は、以前にもちょこっと紹介しましたが、現状の玄関タイルについて、紹介したいと思います。

Img_4205

我が家の二階の玄関です。
室内ではありますが、遠目の写真でもタイルが若干汚れているのは、ご愛嬌ということでsweat01
我が家は二世帯住宅の作りになっていて、一階も同じような作りになっています。
同じ作りなので、写真は今回割愛します。

Img_4208

二階の玄関から外を見た写真です。
滑り止めのシールが、ところどころ剥がれているのがわかるかと思います。

Img_4211

二階から、階段を見下ろした写真です。

Img_4213_2

階段の踊り場から、一階を見下ろした写真です。
やはり、一階の方が滑り止めのシールが剥がれています。
二階に降った雨水が一階に流れたりするので、より痛みやすいのでしょう。

Img_4214

門扉のあるところは、写真のように一段下がっています。
そうなると、やはり水が流れ落ちますよね。
滑り止めシールは剥がれ放題、汚れも・・・

Img_4217

こーんな感じで、ちょっと緑色っぽくなっています。
コケでしょうか。

Img_4219

門扉の外は、一番痛んでいます。
滑り止めのシールも、半分くらい剥がれてしまっています。
これでは、全然機能しませんね。

Img_4220

汚れも、写真のように相当ひどい状況です。
洗っても落ちないんですね。
最近は、洗っていませんが(笑)。

そんなわけで、こーんな状況の玄関周りがリフォームでどんなにきれいになるのか、これから楽しみです。

| | トラックバック (0)

2009.12.07

契約しました。

今晩は。
先週の木曜日以来の更新となってしまいました。

今日は朝から外出していて、4時過ぎに帰社したのですが、予期せぬ来客があったためあっという間に時間が過ぎていき、こんな時間になってしまいました。
12月ともなると、日が暮れるのが早いですね。
もう会社の外は、真っ暗です。

さて今日は、玄関タイルのリフォームネタですよ。
先週土曜日ですが、

タイル工事を契約しました!good




カタログに載っていたパターン(150角、300角、150×300のタイル)での見積もりを出してもらったのですが、300角のタイルだけで貼る見積もりと比べると、若干値段がアップしていましたsweat02
この辺は、3種類のサイズのタイルを使用して貼るので、1種類のタイルを張る場合と比べると、やはりロスが増えてしまいます。
この辺はやむを得ないところですね。
工事は、約1週間かかるようです。
なんとか年内に終わらせるように調整してくれるようです。
連絡が遅くなったのに、すいませんね・・・
さあ、工事が始まるのが楽しみになってきましたよ!

| | トラックバック (0)

2009.12.03

サンプル確認は大切です。

こんばんは。

今日も、夜の更新となってしまいました。
東京は、朝から雨が降っていて気温も寒く、午後から井田営業所のI君と取引先廻りをしていたのですが、ホント寒かったですwobbly

さて、今日は散々引っ張っている玄関のタイル工事について書きたいと思います。
タイル屋さんが早速サンプル帳を届けてくれたのですが、やはりサンプルを見たほうがよいなと思いました。

Img_4026

Img_4027

カタログに載っていた使用例に使われていたタイルの見本です。
サンプル帳には、使用例の150角と100角タイルが貼ってあります。
300角タイルの見本がないのは残念でしたが、色・柄はきちんと確認することが出来ました。
カタログの使用例の写真のイメージと同じですね。

Img_4029

サンプル帳には、これだけの色見本が貼ってあるのですが、中にはカタログの色とけっこう違うものがありました。
最初から検討していた色ではなかったのでまったく問題ありませんが、やはりカタログの写真の色の表現には限界がありますね。
改めて、サンプルでの確認の必要性を感じた次第です。

| | トラックバック (0)

2009.12.01

タイル選び

おはようございます。
今日から師走、師匠も走るほど忙しい12月ですよ。
安全・健康に気をつけて12月を乗り切りたいと思います。

さて、今日は玄関のタイル工事のお話です。
タイル工事を検討するのにあたり、タイル屋さんにカタログを持ってきていただいたのですが、いかんせんカタログが厚すぎます。
大変たくさんのタイルの種類があり、ひとつひとつ見ていっても良いのですが、今の私にはそんな時間もありませんし・・・
そんなわけで、タイル屋さんにお勧めの売れ筋品種を選んでもらいました。
注文をつけたのは、今回のタイル張替え工事の目的である、

①汚れにくいもの
②滑りにくいもの

以上2点です。
そんな我々の注文を聞いて、3種類のタイルを選んでくれて、見積もりをしてくれました。
同じ柄のタイルでも、100角タイル、150角タイル、300角タイルなど大きさが異なるものがあります。
大きくなれば高級感が増すわけですが、大きければよいと言うわけではありません。
色々と検討した結果、3種類のタイルから最終的に残ったのは、

Img_4004

アレスという柄のものになりました。

Img_4006

アレスは、150角タイルと、300角タイルがあり、このほか150×300の長方形のタイルがあります。

Img_4007

色もこれだけの種類がありますが、やはりカタログだけではわかりませんよね。
サンプルを取り寄せてもらうことにしました。

Img_4008

カタログに載っていた使用例ですが、この貼り方、なかなか良い!
やはりカタログの使用例の写真って、売れ行きに大きく影響するんでしょうね。
150角タイル、300角タイル、150×300のタイルを組み合わせて貼る方法に傾きます。

次回は、サンプルを見てのお話をしたいと思います。
それでは~

| | トラックバック (0)

2009.11.29

現在の玄関のタイル

おはようございます。
週末日曜日、いかがお過ごしでしょうか。
東京は寒いですが、良い天気ですよ。

さて、一昨日の更新でINAX製タイルのサンプルを載せましたが、我が家では玄関タイルの取替え工事の計画を検討中です。
現在の玄関の様子はと言うと・・・

Img_3977

写真を見てもらえばわかるのですが、30年も経つとだいぶ汚れてきます。
階段部角は欠けています。
我が家の前の道路は狭く、車がすれ違う際我が家に寄り過ぎてタイヤが階段に当たってしまい、欠けてしまうんですね。
赤いシールが貼ってあるタイルと貼ってないタイルがありますが、この赤いシールは滑り止めです。
このタイル、30年前だから仕方ないのでしょうが、とにかく良くすべります。
雨の日だとツルツルになってしまい、小学生時代の私は、写真の右斜め下の坂になっているところで転んで骨折してしまったことがありましたcrying
それ以降滑り止めのシールを貼ったのですが、やはり長い年月が経つとだんだん剥がれてくるんですね。
汚れ・痛みもけっこう目立ち、滑り止めのシールを貼りかえるにも大変手間がかかるので、タイル交換を検討し始めたわけです。
ここのところ平日、土日共に忙しく、検討がなかなか進まなかったのですが、先週あたりから進展しはじめました。
そのへんはまた次回の更新で書きたいと思います。

| | トラックバック (0)

2009.11.26

何故か我が家に

Img_3962

INAX製のタイルのサンプルが?!

| | トラックバック (0)

2009.10.13

玄関先のタイル

こんばんは。
3連休明けの火曜日、またまた夜の更新となってしまいました。

今日は、我が家の玄関先のタイルについてお話しします。
我が家の玄関先のタイル、実に滑りやすいのです。
その昔私が小学校6年生の時、雪の降った翌日に滑って見事に骨折しました。
その後滑り止めのステッカーを貼るようになったのですが、これが時間が経つとだんだん剥がれてきてしまいます。
もともとのタイルも、だんだん汚れが目立つようになってきました。
タイルを貼り替えるほど傷んでいるわけでもないのですが、滑り止めのステッカーを貼り替えるのも大変な作業です。←貼り替え作業をしたわけでもないので偉そうに言うのもなんですが
どうしたらよいですかねー

| | トラックバック (0)